第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EOS-M5,評価試験30:カメラの大きさ、観光地を散策する上でのカメラの規模とは

DBG_IMG_5645.jpg

EOS-7DmarkⅡとPowershotG-16,カメラには様々な大きさがありますが、旅行先で存分に使う際の利点を考えてみましょう

DBG_IMG_7160.jpg

一眼レフは、カメラとしての操作性の高さや、被写体を思った角度で瞬時に撮影する人間工学に特化した形状をとっています

dbwIMG_5974_20170222185314b5f.jpg

ただ、筺体が最も大きなカメラとして、一眼レフはその筆頭に在ります、自衛隊行事など数時間手に持つ場合とことなり一日中振り回すには、とも

DKGADSCF1505_2017022218531547f.jpg

このてん、コンパクトデジタルカメラには大きさの制約がありませんし、ハンドストラップを装着して手首に巻いておいても重くなく、一眼レフにはこうはいかない

dbgIMG_8233.jpg

そこで本題のミラーレス一眼との競合部分なのですが、ミラーレス一眼はピント合致に時間を要しますし、コンパクト機種よりもレンズ部分で大型となります

DKGADSCF1911_20170222185316553.jpg

このように書いてしまいますと、利点なし、というように想えてしまいますが、APS-Cサイズの映像センサーを備えていますのでノイズなどコンパクトデジタル機種よりも良好な撮影が可能です

DKGADSCF9533_20170222185319340.jpg

それでは、ハンドストラップに構えての撮影ですが、重さとしては一眼レフよりも確実に小型となっていますので、大きなズームレンズに拘らなければ携帯性で秀でているといえましょう

DKGIMG_6175_20170222185321219.jpg

すると、西濃に対しての筺体の規模では、一日中手首に取り付けて撮影しても充分な規模に収まっているといえます

dmIMG_6847_201702221853212d9.jpg

ただ、光学ファインダーを装備した機種がありませんので、結果的にミラーレス一眼の価値を左右してしまうのはこの点に尽きるとも言えますね

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |