第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ヤマト運輸 労組が宅配便の引き受け抑制を要求【Weblog北大路機関補足:2017-02-06日付】

RWIMG_2508_20170223170205af6.jpg

ヤマト運輸 労組が宅配便の引き受け抑制を要求,NHK報道です

ヤマト運輸の今年度の配達の量は前の年度に比べて8%増えて18億7000万個と過去最高に達する見込みとの事で、これ以上にもをツ増やした場合でも宅配が難しく、通販s内とによる再配達などの負担も大きくなっています。鉄道輸送の話題と併せまして、物流の担い手不足という実情を前に、チッキとしてかつて小荷物輸送の花形でした鉄道小荷物制度というものを再構築し、現在首都圏の一部の駅においてロッカーを利用する事で実施している宅配物引渡し制度を、広く有人駅で再開する、という選択肢はないでしょうか。JR四国管内では、JR四国関連企業である四鉄運輸が特急列車を利用し、小荷物輸送サービスを実施しています、基本は駅留で駅周辺地域では時間帯を指定した上で宅配が可能となっています、駅留を念頭に再展開する事で多少鉄道輸送の需要を再構築できるかもしれません

↓以下NHK報道
ヤマト運輸 労組が宅配便の引き受け抑制を要求
2月23日 11時48分
ネット通販の拡大に伴って宅配便の量が急増し、今の人員の体制では対応が難しくなっているとして、宅配最大手のヤマト運輸の労働組合は、ことしの春闘で、宅配便の引き受けを抑えるよう会社側に求めていることがわかりました。
ネット通販の拡大などを背景に宅配便が急増し、ヤマト運輸の今年度の配達の量は前の年度に比べて8%増えて18億7000万個と過去最高に達する見込みとなっていて、ドライバーなどの人員の確保が追いつかず、人手不足が深刻になっています。

このため、ヤマト運輸の労働組合は、ことしの春闘で今の人員体制では宅配便の急増に対応するのは難しいとして、ことし4月から1年間は、宅配便の取扱量がさらに増えることがないように、引き受けを抑えるよう会社側に要求したことがわかりました。

また、長時間労働につながっているとして、夜間の時間指定の配達や再配達といったサービスの見直しを求めているほか、ネット通販など大口の顧客に対して料金の値上げ交渉をするよう求めています。

これに対して、会社側は、大きな経営課題だとして労使で協議に入りました。人手不足が深刻化する中で、ネット通販の拡大に伴う宅配便の急増にどう対応するかは、業界の共通課題になっており、今後、宅配サービスの見直しにつながる可能性もあります。
労組「現場のしわ寄せが大きい」
ヤマト運輸労働組合は「今年度は特に荷物の量が増え、現場のしわ寄せが大きくなっている。来年度、1年間でサービス内容の見直しなどを進め、きちんと宅配便事業を続けられる体制を整えるべきだと申し入れている」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010887131000.html?utm_int=all_side_business-ranking_001
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |