第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EOS-M5,評価試験35:<カメラ>根強い人気の二眼レフ インスタのような雰囲気

dbmIMG_4710_20170226152147218.jpg

根強い人気の二眼レフ インスタのような雰囲気、毎日新聞報道がありました、確かに二眼レフは中古市場が豊富ですね

dbmIMG_4944_20170226152150ddb.jpg

二眼レフ程積極的に懐古趣味に走るつもりはありませんが、それでもポートレート写真などはフィルム式で確実に焼き付けたい気もします

dbmIMG_4490_20170226152149e78.jpg

中古市場と云いますと、中古の人工蛍石レンズなどを視てゆきますと、その傍らには二眼レフが並んでいる訳でして、レンジファインダー機種なども気にはなります

dbmIMG_4567_20170226152147258.jpg

撮影の利便性を機械的に求める際にはやはり撮影機材としての性能が第一となりますが、一枚を確実に撮影する、という機会はぜひ欲しいものです

dbmIMG_4417_20170226152149c35.jpg

すると、フルサイズ一眼レフ、という選択肢も描写力からは当然ある訳ですけれども、金属製の、まったく電池などを使用しない機種、浪漫ですよ

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
<カメラ>根強い人気の二眼レフ インスタのような雰囲気 7
2017年02月26日 13:52 毎日新聞
 写真はすっかりデジタルカメラやスマートフォンで撮影するのが一般的になったが、フィルムを使って撮る銀塩写真も愛好家を中心に人気があり、中でも二つのレンズを持つ二眼レフカメラは今も評価されている。そのほとんどはレンズ交換ができず、不便さから時代から消えたはずの二眼レフの根強い人気の背景を探った。【米田堅持】

 ◇クラシックらしいデザイン

 二眼レフは、上側のビューレンズで被写体を捉えてピントや構図を調整し、もうひとつのレンズで撮影するカメラだ。ファインダーで見た通りの構図で写真が撮影できることから人気を博し、最高峰と呼ばれたローライのほか、日本でもリコーやヤシカのように二眼レフを主力商品として成長した会社もあった。構造上の制約からレンズ交換できる機種は少なく、広角専用や望遠専用の二眼レフが作られたこともあった。その後、レンズ交換可能なスウェーデンのハッセルブラッド社の一眼レフがプロや写真愛好家から絶大な支持を受けるようになると、二眼レフは表舞台から姿を消していった。

 では、今あえて二眼レフを選ぶ理由はどのへんにあるのだろうか。ドイツ製二眼レフのローライフレックス3.5Fを持つ東京都内に住むの会社員、白井啓恵さんは、「デザインや金属の感触が好き。1台持っているけれど、それより明るいレンズが装着されたローライフレックス2.8C型を探している」と話す。

 いとおしそうに愛機の3.5F上部にあるウエストレベルファインダーのピントフードを開けると、ピントグラスには、ビューレンズを通してミラーに導かれた左右逆像の世界が広がっていた。ウエストレベルファインダーとは、文字通りカメラを構えた時に、体の腰のあたりで構えて見るファインダーのことだ。「このほうが(被写体となる相手と)向き合わないので自然な表情が撮れる」とその利点を白井さんは話す。さらに「デジタルカメラではカメラ任せの撮影しかしなかったから、二眼レフなどの古いカメラは気難しいけれど操作している感覚が楽しい」と笑顔を見せた。

 ◇根強い人気の秘密は

 一眼レフは、レンズとフィルムの間にミラーがあり、普段は被写体を見ているが撮影時だけはミラーを上げる。特殊なミラーを採用したモデル以外は撮影した瞬間を見ることができないので、銀塩写真全盛の頃には、撮影した瞬間が見られる二眼レフにこだわる人も存在した。

 二眼レフは12枚から24枚ほどしか撮れない上、撮影後すぐに写真が見られないなど手間がかかるが、銀塩写真独特の豊かな階調と古い年代のレンズならではの描写を好む愛好者は多い。また二眼レフのほとんどが正方形のフォーマットを採用しており、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一つ「インスタグラム」のような正方形に仕上がった写真が、デジタルカメラに囲まれて育った若者には目新しく映るようだ。

 最近はプロや写真愛好家の多くがデジタルカメラへ移行し、二眼レフだけでなく銀塩写真時代のカメラを手放す人も増えた。ハッセルブラッドなど往年の名機が市場にあふれ、使い込んだ中古の標準レンズセットで20万円以上もした中古価格は半分程度にまで下落した。しかし、二眼レフはローライの人気機種の相場は今も20万円以上で推移しており大きく値下がりしていないという。

 昨今のクラシックカメラの動向について輸入カメラなどを専門に扱う千曲商会(東京都台東区)の木鋪俊一店長は「ローライなどの二眼レフを探す人は多く、価格の変動は少ない。デジタルカメラに装着するアダプターを使うのではなく、純粋にフィルムを使って銀塩写真を楽しんでいるようだ」と、東京・銀座の百貨店で開催予定の中古カメラ市の準備をしながら教えてくれた。

 一方で、三共カメラ(東京都中央区)によると「今はレンズ交換が必要ならばデジタルカメラを使う人が多い。レンズ交換を考えていないので、クラシックな雰囲気の二眼レフはちょうど良いようだ」とデジタルカメラ時代ならではの売れ筋の変化があるという。

 専門店以外ではどうか。最新のデジタルカメラも扱う三宝カメラの山口哲雄店長は「銀塩時代も一定のファンがいて、たたき売りにはならなかった。ローライだけでなく日本製の二眼レフは新しくて状態の良いモデルやレンズ交換のできるモデルでも数万円と手ごろなこともあり、すぐに売れてしまうので中古価格が大きく変わらない」と、デジタルカメラ全盛でも衰えない人気ぶりを語ってくれた。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=4451042&from=home
スポンサーサイト
榛名の旅 |
| HOME |