第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・本物の戦車に乗り実弾射撃、CNN記者が体験 米テキサス州

ANYTDSCF0350.jpg

本物の戦車に乗り実弾射撃、CNN記者が体験 米テキサス州,CNN報道です

アメリカのテキサス州ではM4シャーマン戦車の実弾射撃を体験できるドライブタンクス社にて、76mm砲の実弾射撃を体験できるとの事、実際に射撃場まで戦車を操縦できるとの事なので、操縦手と砲手を両方とも体験できるようです、インストラクターさんが指示してくれるとのことで、インストラクターさんが戦車長、という位置づけになります。気分はパットン将軍? テキサス州で戦車を試乗、と記事にはありますが、日本的には気分はサンダース大学付属高校、というところか、バカでも乗りこなせるM4シャーマン、実際に載って射撃を体験、アメリカには攻撃武器規制法がありますが、戦車は其の枠外のようで羨ましいですね

↓以下CNN報道
本物の戦車に乗り実弾射撃、CNN記者が体験 米テキサス州
2017.03.03 Fri posted at 17:14 JST
テキサス州ユバルディ(CNN) ありきたりの休暇では飽き足らないという人のために、本物の戦車を体験できる射撃場が米テキサス州にある。普段は国連取材を担当するCNNのリチャード・ロス記者が、第2次世界大戦時代のM4戦車(通称シャーマン)を運転し、実弾射撃を体験した。
訪れたのはテキサス州南西部のユバルディにあるドライブ・タンクス社(DriveTanks.com)の射撃場。世界中の戦車がそろっているといい、本物の戦車に乗って実弾射撃を体験できる世界で唯一の場と宣伝している。最も人気があるのはM4戦車。ロシアやインドからの観光客や、子育て中の女性などが乗車を体験しているという。
ロス記者は運転免許は持っていない。射撃は1989年に中国で1度だけ体験し、衝撃で仰向けに倒れそうになった。
インストラクターに助けられて戦車に乗り込み、上半身が車外へ突き出た状態で座席に就く。もう1つの座席に座ったインストラクターがヘッドフォン経由で話しかけてくる。
インストラクターの言葉に気を取られて最初の操作を誤った。車体をカーブさせようとしてハンドルの重さに驚く。アクセルは相当強く踏み込まないと動かない。クラッチはどこだ、クラッチは?
目の前に険しい斜面が現れた。戦車が転落するのは間違いない。しかしインストラクターは、戦車に任せておけば大丈夫と請け合った。
ttp://www.cnn.co.jp/fringe/35097550.html?tag=top;subStory
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |