第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

最新迎撃ミサイルシステム 防衛省が導入費用を試算【Weblog北大路機関補足:2017-03-07日付】

pIMG_9648_1.jpg

最新迎撃ミサイルシステム 防衛省が導入費用を試算、NHK報道です

イージスアショアシステムはイージス艦の上部構造物とミサイルを陸上に置いたもので、1システム当たりの整備費用は800億円程度、2システム程度で日本全域を防護出来ると試算しています

THAADは可搬式の弾道ミサイル迎撃システム、1個射撃中隊当たり1250億円程度の費用を要し、6個中隊程度で日本全域を防護できるとのこと

↓以下NHK報道
最新迎撃ミサイルシステム 防衛省が導入費用を試算
3月9日 17時24分
防衛省は、北朝鮮による相次ぐ発射を受けて、弾道ミサイル防衛の強化を急ぐ方針ですが、アメリカの最新の迎撃ミサイルシステムを導入する場合、陸上に配備するイージス艦と同様のシステムでは、1基当たり800億円程度の費用が見込まれるなどとした試算をまとめたことがわかりました。
防衛省は、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイルの発射を受けて、安全保障上の脅威が新たな段階に入っていることが明確になったとして、弾道ミサイル防衛の強化を急ぐ方針で、今後の防衛力整備の在り方を検討する省内の委員会で本格的な検討を始めています。

こうした中、防衛省が、アメリカの最新の迎撃ミサイルシステムを導入する場合の試算をまとめたことがわかりました。
それによりますと、高性能レーダーと迎撃ミサイルを搭載したイージス艦と同様の能力があり、地上に配備するイージス・アショアと呼ばれるシステムは、1基当たり800億円程度の費用が見込まれ、2基程度で日本全域を防護できるとしています。

また、自衛隊に導入されている地上配備型の迎撃ミサイル、PAC3に比べて、より高い高度での迎撃が可能で、韓国への配備が進められているTHAADは、1基当たり1250億円程度の費用が見込まれ、6基程度で日本全域を防護できるとしています。

さらに、新たなシステムの運用に必要な隊員の数や用地の面積は、1基当たりでは、イージス・アショアのほうが少ないということで、防衛省は、引き続き新たなシステムの迎撃能力や費用対効果などの検討を進めることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170309/k10010904701000.html?utm_int=word_contents_list-items_003&word_result=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%20%E5%BC%BE%E9%81%93%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |