第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・米GMが欧州から撤退 英国の欧州連合(EU)離脱と「地政学的な変動で予想される影響」

DWGIMG_3402_201703141157175aa.jpg

米GMが欧州から撤退 英EU離脱で打撃,CNN報道です

GMの欧州撤退、これは昨年のフォード日本撤退に並ぶ衝撃的な報道です。GM欧州撤退に併せ、1920年代からGMが傘下においてきましたオペルとボクソールブランドを仏グループPSA、所謂旧プジョーシトロエングループへ売却される事となりました。GMは欧州にて過去17年間で総額224億ドル、現在の為替レートで約2兆5500億円もの赤字を出していましたが、イギリスのEU離脱が無ければ2016年に黒字に転じる見通しだったといいます、本当にイギリスのEU離脱が影響したかはさておき、地政学的な変動で予想される影響という表現はウクライナ内戦後の欧州を見ますと無視できません、それにしても改めてアメリカを代表する巨大自動車メーカーの欧州撤退は驚かされました

↓以下CNN報道
米GMが欧州から撤退 英EU離脱で打撃
2017.03.07 Tue posted at 14:47 JST

ニューヨーク(CNNMoney) 米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、欧州の子会社、独オペルと同社の英国向けブランド「ボクソール」を売却すると発表し、欧州事業から事実上撤退する見通しとなった。
GMは1920年代から保有してきたオペルとボクソールを、仏グループPSA(旧プジョー・シトロエングループ)に売却する。
バーラ最高経営責任者(CEO)らは欧州からの撤退理由として、英国の欧州連合(EU)離脱と「地政学的な変動で予想される影響」を挙げた。
GMが欧州で出してきた損失は過去17年間で総額224億ドル(現在の為替レートで約2兆5500億円)に上る。経営破たんに陥った2009年にはいったんオペル売却で合意したが撤回。13年には「シボレー」ブランドを欧州から撤退させていた。
しかし近年、欧州での赤字は縮小傾向にあり、英国のEU離脱という要因がなければ昨年には1999年以来の黒字に転じる見通しだったという。

http://www.cnn.co.jp/business/35097697.html
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |