第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・FIFA会長が米国のW杯招致に警鐘、トランプ大統領の入国禁止令受け

DCIMG_5141_20170314235420f95.jpg

FIFA会長が米国のW杯招致に警鐘、トランプ大統領の入国禁止令受け、AFP報道です

FIFAのインファンティーノ会長は2026年に開催が予定されアメリカでの開催が本命視されているワールドカップのアメリカ誘致が、今回のイスラム系国家旅券を持つ外国人入国を禁止した大統領令により、事実上不可能となる可能性を示しました。ビザ発給等への制限では無く入国を阻止した事で、選手以外にサポーターや報道関係者などの入国を事実上不可能とするもので、W杯の出場権を獲得したチームは開催国に入国できるようにならなければいけない、と発言したとのこと

↓以下AFP報道
2017年03月10日 13:21 発信地:ロンドン/英国

【3月10日 AFP】国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は9日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の入国禁止令により、2026年のW杯(World Cup)で米国招致は実現できない可能性もあると警告した。

 米国は、参加国が48か国に拡大する26年W杯の開催で、メキシコやカナダとの共催候補として本命に挙がっている。

 しかし、トランプ大統領がイスラム圏6か国出身者の入国禁止を求める中で、インファンティーノ会長は米国が立候補を名乗り出る立場にないかもしれないとコメントした。

 英ロンドン(London)のヒースロー空港(Heathrow Airport)でインファンティーノ会長は、「トランプ氏は米国の大統領であり、彼の行っていることについては尊重する。職に就いて、政府とともに祖国のために最善の決断を下している」とコメントした。

「現在われわれは立候補要項の規定について作業を進めている。世界には禁止令、入国禁止令、ビザの必要条件などを持つ国が多数ある。どの国のチームも、サポーターやチーム関係者も含め、W杯の出場権を獲得したチームは開催国に入国できるようにならなければいけない。そうでなければW杯は行われない。明白なことだ。必須要件は今後明らかになる。その上で各国は、立候補をするのか、要項に準拠しないのか、その判断を下すことになる」

 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン(Aleksander Ceferin)会長も先月、大規模な禁止令のある国でW杯を「開催することはできない」とコメントしている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3120899
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |