第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・三菱“造船リストラ”で長崎市43万人の大悲鳴

DWGDSCF1233_201703151921197ea.jpg

三菱“造船リストラ”で長崎市43万人の大悲鳴,毎日新聞報道です

三菱重工長崎工場は戦艦武蔵を建造した造船所ですね、三菱重工の客船事業からの撤退、採算性が合わないことが理由とされていますが、現代の大型客船はアメリカ海軍の空母よりも遥かに大型であり長崎市内の造船ドックのような面積が限られた施設では同時建造などにおおきな制約がある事が一つの大きな理由ではないでしょうか、総トン数124,500トンで旅客定員3300名の巨大客船アイーダプリマ号も建造費では同じく長崎で建造される7000t級の護衛艦あさひ、とあまり変わりありません

↓以下毎日新聞報道
三菱“造船リストラ”で長崎市43万人の大悲鳴
2016年11月6日 エコノミスト編集部
 三菱重工業は今、抜本的な構造改革を行っている。ついに発祥の地、長崎造船所(長崎市)で手がけている大型客船事業から撤退することを10月18日に発表した。長崎の地で今、何が起きているのか。週刊エコノミスト編集部の酒井雅浩記者が報告する。
 大型客船は三菱重工の祖業の造船事業の中核だ。だが宮永俊一社長は10月18日の記者会見で「コスト的にも成り立たない」と述べた。
 宮永社長の決断をある同社幹部は「踏み込んだ対応もためらわないという内外へのメッセージ」と解説するものの、「あせりがあるのでは」(格付け会社アナリスト)とみる市場関係者も多い。「今の重工には先を見据える余裕がなく、出血を止めることを優先せざるをえなかった」との厳しい評価がある。
地元クラブのママはさびしげ 「長船(ながせん)の方は、ますます姿を見せなくなるのかしら……」。地元クラブのママはさみしげにつぶやく。「ながせん」とは、三菱重工業長崎造船所の地元での通称だ。長崎市内の繁華街では「このあたりの店の3分の2は長船が落とした金でできた」と長崎造船所関係者は豪語していた。かつては店が満席でも、先に入った客に出ていくように要求することすらあったという。
 しかし2011年10月、客船世界最大手の米カーニバル系のアイーダ・クルーズ社(ドイツ)から大型客船2隻(12万トン)を受注してから、雲行きがあやしくなった。
 受注したのは「プロトタイプ」と呼ばれる1番船。内装や設計をゼロから行わなければならず、米カーニバルの厳しい要求が予想されたことから、「無謀な受注」(地元信用調査マン)だった。
 三菱重工は04年に大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」を引き渡して以降、大型客船の受注が途絶えている。「10年以上受注空白が続くと、技術継承ができなくなる」(三菱重工幹部)との判断から、受注を強行した。
3件の火災、特別損失2540億円 建造は、長崎造船所の香焼(こうやぎ)工場(長崎市)で進められているが、苦戦続きだ。1番船の「アイーダ・プリマ」では、今年1月には不審火とみられる3件の火災が船内で発生。1年遅れた2016年3月にようやく引き渡した。建造中の2隻目も含めた特別損失は累計2540億円となり、2隻で1000億円とみられる受注額を大きく上回っている。
http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161104/biz/00m/010/015000c
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |