第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

マレーシア 北朝鮮国籍の労働者50人を国外退去処分に【Weblog北大路機関補足:2017-03-02日付】

VKHIMG_0824.jpg

マレーシア 北朝鮮国籍の労働者50人を国外退去処分に、NHK報道です

北朝鮮がマレーシア国内に大量破壊兵器VXを持ち込み要人暗殺を実施した事で問題化し、北朝鮮とマレーシアの対立状態が進んでいる現状ですが、マレーシア政府は北朝鮮政府が在北朝鮮マレーシア外交官の出国を禁止した現状への報復として、北朝鮮労働者50名の国外退去処分を行いました、滞在できる期限を越えており規則に沿った措置だ、との立場のようですが、そろそろ落としどころへの水面下での調整を図っている所なのでしょう

↓以下NHK報道
マレーシア 北朝鮮国籍の労働者50人を国外退去処分に
3月14日 19時06分
マレーシア政府によりますと、国内には北朝鮮国籍の人が315人滞在していますが、ザヒド副首相は14日、このうちの50人について、就労ビザが切れていることを理由に、国外退去の処分にすることを明らかにしました。
国外退去の処分になるのは、東部ボルネオ島のサラワク州に滞在する北朝鮮国籍の労働者50人です。

マレーシアと北朝鮮は、それぞれ相手国の国民の出国を認めない異例の措置を取り、対立が続いていますが、事態を打開する方法を模索するため、非公式の交渉を進めています。

今回の国外退去処分について、ザヒド副首相は「滞在できる期限を越えており、規則に沿った措置だ」と述べるにとどまり、水面下で進められている2国間の交渉が関係しているかどうかについては、一切、触れませんでした。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170314/k10010911111000.html?utm_int=word_contents_list-items_003&word_result=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%B0%8F%E6%AE%BA%E5%AE%B3
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |