第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

日米韓、ミサイル探知訓練=北朝鮮の発射想定

ANYTDSCF0397_20170317002545796.jpg

日米韓、ミサイル探知訓練=北朝鮮の発射想定,時事通信報道です

海上自衛隊のきりしま、米海軍のカーティス・ウィルバー、韓国海軍の世宗大王、イージス艦三隻が参加している弾道ミサイル対処演習ですが、弾道ミサイルの探知を想定した訓練を行っているとの事です。ただ、弾道ミサイルの疑似飛翔体等を使用した訓練ではないので、基本的にデータリンクなど情報共有の迅速化に軸を置いた訓練となっているのかもしれません

↓以下時事通信報道
日米韓、ミサイル探知訓練=北朝鮮の発射想定
時事通信 3/14(火) 11:20配信

 【ソウル時事】韓国国防省は14日、日米韓3カ国が14、15の両日、日本・韓国の周辺海域で弾道ミサイルの探知訓練を実施すると発表した。

 北朝鮮の弾道ミサイルを想定、イージス艦で探知・追跡し、情報を共有する。

 韓国軍によると、今回が4回目。実施は2月に決まったとされるが、今月6日に北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向け発射しており、監視態勢を強化する狙いもあるとみられる。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000056-jij-kr
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |