第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

米国務長官のアジア歴訪、同行記者は1人 慣例破りに抗議【Weblog北大路機関補足:2017-03-16日付】

DAADSCF6484_201703171011315f0.jpg

米国務長官のアジア歴訪、同行記者は1人 慣例破りに抗議,CNN報道です

ティラーソン米国務長官、アジア歴訪が始りました。しかし、ティラーソン米国務長官へ同行した報道陣は保守系新興メディアひとつのみで、四大ニュースネットワークや主要新聞社などの記者同行は許されない異例の事態となりました、これほど随行記者が少ないならば、アメリカのVIP専用航空機はガルフストリームのビジネスジェットのような十数人乗りで太平洋を越えられる機種でもいいのではないか、と思う一方、一人の記者であり、国務省での報道経験もない新興メディアでは正確な報道が可能とは思えず、仮にティラーソン米国務長官への報道を通じたアメリカ国民への対話が必要となった際、共栄関係を構築できないのではないか、と懸念されます

↓以下CNN報道
米国務長官のアジア歴訪、同行記者は1人 慣例破りに抗議
2017.03.16 Thu posted at 20:02 JST
ニューヨーク(CNNMoney) 日本などのアジア諸国歴訪に出発したティラーソン米国務長官が慣例の同行記者団を帯同せず、同行しているのは米外交政策の取材経験が乏しいとみられる新興の保守系ニュースサイトの記者1人のみであることが16日までにわかった。
国務省詰めの記者団はこの措置に強い抗議を示す声明を発表した。一部のベテラン記者は屈辱的な仕打ちと憤慨している。政府要人の外遊に代表取材団を同行させる習慣を廃止させたいトランプ政権の意向がにじんでいるとの見方も出ていた。
長官は現地時間の15日夜に最初の訪問国である日本に到着。この後、韓国と中国を訪れる。同行を許されている記者は「インデペンデント・ジャーナル・レビュー」の所属で、国務省が人選に当たったとされる。同メディアは、2012年後半に共和党系の元政治コンサルタントが創設していた。
長官に同行している記者は以前、CNNでワシントン政界の取材活動に従事したことがあるが、国務省詰めの経験はない。同省のトナー報道官代行は同記者を選んだことについて、より広い米メディアの参加を図る努力の一環と説明した。その上で、今後の長官の外遊実施に当たり、同行記者団の扱いに新たなルールが適用されるのかどうかについては承知していないと述べた。
国務省の記者団は、長官が今回、同行記者団の帯同を計画していないことを知り、同省に再考を迫っていた。国民の知る権利が無視されているなどの理由を挙げていた。
http://www.cnn.co.jp/usa/35098250.html?tag=top;mainStory
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |