第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

米国務長官、中国企業の制裁強化を警告へ 北朝鮮絡みで【Weblog北大路機関補足:2017-03-07日付】

DAADSCF3545_20170317101830efe.jpg

米国務長官、中国企業の制裁強化を警告へ 北朝鮮絡みで,CNN報道です

ティラーソン米国務長官のアジア歴訪、中国外相らとの会談にて北朝鮮との取引関係を有する中国企業や銀行に対しアメリカ政府が金融制裁の強化の準備を警告する方針であるとのことです。中国企業の対外直接投資などの関係は年々増大しており、過去には2000年代に同種の警告を受けた中国企業が自主的に北朝鮮との関係を打ち切った事例などがあるとの事です

↓以下CNN報道
米国務長官、中国企業の制裁強化を警告へ 北朝鮮絡みで
2017.03.16 Thu posted at 18:59 JST
ワシントン(CNN) 日本などのアジア諸国歴訪に出発したティラーソン米国務長官が中国外相らとの会談で、北朝鮮と取引する中国企業や銀行に対する金融制裁の強化の準備を警告する方針であることが16日までにわかった。
トランプ米政権の複数の高官が明らかにした。長官は同時に、弾道ミサイルや核兵器開発を加速している北朝鮮を押さえるためのより広範な手立てへの中国の協力も促す考え。イランの核合意を実現させた、国連安保理の常任理事国5カ国にドイツを加えた国際的な協力態勢の構築を意識したものともされる。
長官はまた、中国指導陣との会談で同国の習近平(シーチンピン)国家主席が今年4月に予定する訪米の下準備をすると共に、主権論争が続く南シナ海情勢、米中貿易の現状、台湾問題や韓国への高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)と無人機配備などの懸案事項を取り上げるともみられる。
米政府当局者によると、北朝鮮との取引に関与している中国企業への新たな制裁は北朝鮮による武器輸出入に加担しているとの証拠の入手後に発動させることを考慮している。
米シンクタンク「ヘリテージ財団」の上席研究員によると、北朝鮮と関係があった中国の銀行や企業への米国の圧力が功を奏したことは2000年代半ばにあり、中国銀行が米国による制裁リスクをかわすため中国政府に逆らう形で北朝鮮との取引を断ち切っていた。
http://www.cnn.co.jp/world/35098243.html
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |