第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

世界で信者数が最も伸びるのはイスラム教 米調査機関

hmsIMG_5027.jpg

世界で信者数が最も伸びるのはイスラム教 米調査機関,CNN報道です

米調査機関ピューリサーチセンターが算出した数値で、2050年までに欧州でも人口の10%がイスラム教徒になると分析し、2010~50年にイスラム教徒が73%増となる見込み。これはキリスト教徒の35%増、ヒンズー教徒の34%増を大きく上回るとのこと。少子化にあえぐ我が国としては多少羨ましく考えさせられるのですが、イスラム系世帯は傾向として世帯出生率が高く、結果的に信者数が伸びるとの分析でした

↓以下CNN報道
世界で信者数が最も伸びるのはイスラム教 米調査機関
2017.03.17 Fri posted at 10:53 JST
(CNN) 米調査機関ピュー・リサーチ・センターはこのほど、世界の宗教の中で最も急速に信者を増やしているのはイスラム教で、2050年までに欧州でも人口の10%がイスラム教徒になるとの分析結果を公表した。
ピューによれば、2010~50年にイスラム教徒が73%増となる見込み。これはキリスト教徒の35%増、ヒンズー教徒の34%増を大きく上回る。
これにより、今世紀末までにイスラム教はキリスト教を超えて世界最大の信者を抱える宗教になると予想されている。
信者数が増加する背景として、イスラム教徒の女性が出産する子どもの数が平均3.1人と他の宗教(平均2.3人)に比べて多いことや、信者の平均年齢が他の宗教より約7歳若いことが挙げられている。
同報告書では、米国人のイスラム教徒観が02年(9・11テロの翌年)以降、どう変わったかについて支持政党別の分析も行った。これによれば、共和党寄りの人々のイスラム教徒へのイメージは02年よりも悪くなっていたが、民主党寄りの人々はその逆の結果だった。
http://www.cnn.co.jp/world/35098272.html
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |