第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

メキシコ国境の「壁」始動=トランプ政権が予算計上-米

thIMG_4580.jpg

メキシコ国境の「壁」始動=トランプ政権が予算計上-米,AFP報道です

メキシコ国境への壁建設へ最初の一歩へと、26億ドルが要求されました。2018会計年度で最初の段階として26億ドルという事ですが、壁は一年で建設できるものではありませんし、壁を建設した後には保守整備が必要となりますし、現在、国境越えにはトンネルも多用されていますから、壁を建設して終了ではありません。これはイスラエルのバーレブライン、国境の要塞線を建設したものの人員不足で充分防護できなかった事例を踏襲するのではないかという気がしないでもありません、壁建設よりは現在設置されているフェンスを強化し、無人機などでの不法越境者監視体制を構築した方が、かえって安上りのような気がしないでもありません

↓以下AFP報道
メキシコ国境の「壁」始動=トランプ政権が予算計上-米
2017年03月16日 22:59
【3月16日 時事通信社】トランプ米政権は16日に議会へ示した2018会計年度(17年10月~18年9月)予算教書の骨格の中で、不法移民の流入阻止に向けたメキシコ国境の壁建設などのために、26億ドル(約2900億円)を計上した。内外で批判を浴びたトランプ大統領の目玉事業が実施への第一歩を踏み出した。

 米政府高官によれば、トランプ政権は17年度の予算措置の中でも、壁建設関連で15億ドル(約1700億円)を議会に要求した。18年度は「物理的な壁の計画、設計、建設」に加え、国境警備要員の500人増員なども計画し、不法移民対策強化の姿勢を明確にしている。(c)時事通信社
http://www.afpbb.com/articles/-/3121711
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |