第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮、新型エンジンの燃焼実験に成功 金委員長も立ち合い【Weblog北大路機関補足:2017-03-16日付】

北大路新年bed1ca8d9f87f425806b2fde70434873

北朝鮮、新型エンジンの燃焼実験に成功 金委員長も立ち合い,CNN報道です

北朝鮮が新型の弾道ミサイル用エンジンの燃焼実験を行ったとの事。これだけならば新しいエンジン開発を示すだけですが、この燃焼実験に金正恩氏が立ち会ったとの事で、政治的な意味を持つ点が分るでしょう。東アジア歴訪中のティラーソン米国務長官が中国で王毅外相と会談した時期に併せての実験であり、ミサイル開発脳録とアメリカ本土への核攻撃能力整備への決意を示唆したものといえるかもしれません

↓以下CNN報道
北朝鮮、新型エンジンの燃焼実験に成功 金委員長も立ち合い
2017.03.19 Sun posted at 12:52 JST

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が19日、新型の高出力エンジンの燃焼実験に立ち会ったと伝えた。
実験は「成功」したという。KCNAはこれを、国産ロケット産業の「新たな誕生」につながる歴史的な出来事だと称賛した。
一方、東アジア歴訪中のティラーソン米国務長官は18日、中国で王毅(ワンイー)外相と会談した。ティラーソン氏は、北朝鮮との緊張が「危険レベル」に達していると強調し、北朝鮮の「進路変更」に向けた連携で中国と合意したと明らかにしたが、詳細には言及しなかった。
ティラーソン長官は、訪韓時の韓国外相との共同記者会見で、挑発行為があれば北朝鮮に対する軍事行動も検討するとの方針を明らかにしていた。
http://www.cnn.co.jp/world/35098345.html
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |