第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・国交相「てるみくらぶ」ツアー客の帰国に万全尽くす

ANYSDSCF0439_201703281251106cb.jpg

国交相「てるみくらぶ」ツアー客の帰国に万全尽くす,NHK報道です

帰国できないのはちょっとしゃれになりません。石井国土交通大臣は記者会見で、海外滞在のツアー利用客は26日の時点でおよそ2500名に上り、この中で帰国便航空券が発給されていない旅行客は自力で帰国便を確保しなければならない状況となっている点について、国土交通省から航空会社に対して利用客が円滑に帰国できるよう周知した旨を示しました。旅行に出発しようとしたらば、空港で航空券が受取れない状況も重大ではありますが、倒産した時点で海外に居て航空会社から航空券を受け取れず帰国できない状況は更に重大です、今回のような状況とならないよう、過度な格安旅行会社をどのように扱うか、かんがえてゆく必要がありそうです

↓以下NHK報道
国交相「てるみくらぶ」ツアー客の帰国に万全尽くす
3月28日 11時25分
石井国土交通大臣は閣議のあとの記者会見で、裁判所から破産手続きの開始決定を受けた、東京の旅行会社「てるみくらぶ」について、海外に滞在しているツアー客がスムーズに帰国できるよう万全を尽くす考えを示しました。
海外旅行の格安ツアーを販売していた東京の旅行会社「てるみくらぶ」は、資金繰りに行き詰まり、27日、東京地方裁判所から破産手続きの開始決定を受けました。

しかし、観光庁によりますと、海外に滞在しているツアーの利用客は、26日の時点でおよそ2500人に上っています。

これについて、石井国土交通大臣は閣議のあとの記者会見で、「利用客に航空券が発券されている場合は、旅行会社と航空会社との間に運送契約が成立していて、航空会社は輸送の義務が発生する。改めて国土交通省から航空会社に対して、利用客が円滑に帰国できるよう周知した」と述べ、海外に滞在しているツアーの利用客がスムーズに帰国できるよう万全を尽くす考えを示しました。

また、今回のトラブルで、利用客がすでに支払ったツアー代金は、わずかしか返還されないおそれが強まっていることに関して、石井大臣は「さらなる消費者保護のために、どんな対策が必要か検討していきたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |