第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EOS-M3運用評価:動体被写体へのAF緩慢作用は初期不良なのか?

DSCF0861.jpg

車両を正面から撮影しますと、ライト部分の明滅をピントが抑えて確実なピンぼけ写真を量産してくれます、これまでのカメラにはここまでの不良はありませんでした

DSCF0880.jpg

悩ましいのはピンぼけ写真でも相当にデータ容量を食うため、PCのHDを圧迫してくれます、一つ一つ確認して厳選する、というものも撮影中にそんなことをやっておく余裕はありません、もう少しAF性能が上がればよいのに、初期不良でしょうか

DSCF0854_201704030027337a9.jpg

悩ましいのは、ここまでAF機能に緩慢なカメラの経験はフィルム時代を含めて出会った事がありませんでした、トイカメラのようにAFを1m、15m、30m以上、と設定できればいいのですが

DSCF0867.jpg

ただ、動かない被写体を日中に撮影するには適しているのです、動く被写体と夜間が苦手なのです、もっとも、動体用カメラと夜間用カメラを別々に用意すればいいのですが、従来のカメラでは全て一台でこなしていただけに不満が多いのです

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |