第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

欧州の「取り込み」狙う中国、トランプ政権の保護主義に対抗【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

ANYYDSCF0332_201704030100320fe.jpg

欧州の「取り込み」狙う中国、トランプ政権の保護主義に対抗、ロイター報道です

トランプ政権の貿易保護主義政策、自由貿易をけん引したアメリカの建国以来の方針転換は、レジームチェンジを生むのではないか、この大きな視点に中国という国家アクターが大きな一石を投じました、貿易政策において中国はアメリカが離脱を表明した環太平洋包括連携協定TPPに代わる環太平洋貿易秩序の構築に乗り出す可能性がありましたが、一点、欧州との連携強化を模索しています。これは欧州諸国にも、中国と欧州の連携を強化する事で、同時に欧州企業の中国国内における自由な経済活動を担保させる意味が大きく、相互共益性にかなった視点、同床異夢の逆の状態から欧州と中国の接近は経済的に意味が大きく、これが米中関係や日中関係へどのように影響するのか、興味は尽きません

↓以下ロイター報道
World | 2017年 03月 29日 19:31 JST 関連トピックス: トップニュース
欧州の「取り込み」狙う中国、トランプ政権の保護主義に対抗
[ブリュッセル/北京 29日 ロイター] - トランプ米政権の発足後、中国は欧州連合(EU)との関係強化に向け、様々な戦略に出ているようだ。米大統領が掲げる「米国第一主義(アメリカ・ファースト)」でグローバル化が弱体化するとの懸念が広がる中、そうした流れに対抗するため中国は同盟国探しに必死なようだと外交筋は指摘する。
中国の習近平国家主席は今年1月に開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)での講演で、グローバル化や自由貿易の重要性を強調した。
保護主義は自ら暗い部屋に閉じこもるとともに、部屋から光や空気を奪うようなものだと指摘。他国を犠牲にして自国の利益を追求すべきではないと述べ、トランプ氏を名指しこそしなかったものの、同氏の言動を暗にけん制した。
北京のある外交筋は、世界貿易や温暖化対策など、トランプ政権が大きな政策転換を目指す分野で中国が欧州に理解を示していることを挙げ、「トランプ大統領が中国と欧州を近づけている」と述べた。
トランプ氏が中国の計算を狂わせたとの見方もある。トランプ大統領は昨年の選挙選から、中国が意図的に自国通貨を低水準に抑え、自国製品の輸出競争力を高めているとし、それにより米製造業の雇用が中国に奪われていると批判していた。
一方、EU当局者は、今後中国との間で投資拡大に向けた協定も含め、これまでなかなか進まなかったビジネス案件で大きな進展があると見込んでいる。
ただ、中国で事業展開する欧州企業の不満は根強い。在中国のEU商工会議所は3月7日、中国の製造業振興策「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」について、「極めて問題」があり、海外企業の差別につながりかねないとの報告書をまとめた。
*見出しを修正しました。
http://jp.reuters.com/article/china-eu-idJPKBN1700VD
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |