第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

核兵器禁止条約、米など40カ国が交渉不参加を表明【Weblog北大路機関補足:2017-04-03日付】

DAAIMG_1124_20170404152307ae2.jpg

核兵器禁止条約、米など40カ国が交渉不参加を表明、CNN報道です

核兵器禁止条約ですが、批判的に視れば、北朝鮮の核開発が進んだ際に、どのような選択肢を採っていたのか、と核兵器禁止条約への参加国へ、被爆国であり周辺国の大半が核兵器国と核保有国に囲まれた我が国の視点としては考えてしまいます。これでは核兵器の脅威が及んでいない諸国が偽善として核兵器廃止の法制化を見せびらかし、核兵器の脅威にさらされている国のみが一方的に損をする枠組と云わざるを得ません。インド、パキスタン、北朝鮮、これらの諸国が核兵器保有を断念するほどの厳しい制裁を共有できる諸国のみが、核兵器禁止条約へ参画する権利を持つのかもしれません、それ以外の諸国は、現実の脅威を無視し形而的に枠組を創ろうとする偽善国家、といえないでしょうか

↓以下CNN報道
核兵器禁止条約、米など40カ国が交渉不参加を表明
2017.03.28 Tue posted at 12:46 JST
国連(CNN) 米国のヘイリー国連大使は27日、核兵器禁止の国際条約締結を目指す初の交渉について、米国など約40カ国は参加しないと発表した。
ヘイリー大使は核大国の英国やフランスも含む約20カ国の国連大使と共同で、27日から始まる交渉への不参加を表明。母親であり、娘である立場から「家族のために、何よりも核兵器なき世界を望む」としながらも、「我々は現実的でなければならない」と指摘、「北朝鮮が核兵器禁止に同意すると誰が信じられるだろうか」と問いかけた。
昨年12月の国連総会で承認された今回の交渉には、米国のオバマ前政権も反対を表明。核保有国のロシアと中国も参加していない。英国のライクロフト国連大使は不参加を決めた理由について、「世界の核軍縮に向けた実効的な進展につながるとは思えない」と語った。
トランプ米大統領は先月の時点でロイター通信に対し、核なき世界を望むものの、そうでない場合は米国がトップに立たなければならないと述べていた。
米国などが直前になって不参を表明したことに対し、核廃絶を訴える団体などは強く反発。冷戦終結以来、核戦争の危険は最も高まっていると訴える。
これに対し、ヘイリー大使は交渉参加国について、「自分たちの国民のことを考えているのか。我々が直面している脅威について真に理解しているのか」と疑問をぶつけた。
条約は核兵器の使用、保有、開発を禁止し、将来的な廃絶に向けた目標を定める内容だった。
http://www.cnn.co.jp/world/35098846.html
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |