第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ロボットに奪われる雇用は日本21%、米38% PwC予想

DAAIMG_7792_201704052239148bb.jpg

ロボットに奪われる雇用は日本21%、米38% PwC予想,CNN報道です

米国に次いでドイツが35%、英国は30%、日本は21%、とのこと。これは現時点でかなり日本御産業は自動化されている、という事となるのでしょうか。併せて、ロボット整備業という新規雇用が生まれますし、自動運転車等についても現行法では事業者が用いる場合の助手に当たるような、自動運転車管理士、というような職業など新しい分野が開拓される可能性もあります¥

↓以下CNN報道です

ロボットに奪われる雇用は日本21%、米38% PwC予想
2017.03.27 Mon posted at 16:16 JST
ロンドン(CNNMoney) 今後15年以内に米国で38%、日本では21%の雇用がロボットや人工知能(AI)に奪われる恐れがある――。大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)がこのほどまとめた報告書で、そんな見通しを明らかにした。
ロボットに奪われかねない職種の割合が多い国は、米国に次いでドイツが35%、英国は30%だった。
米国と英国の労働市場はいずれもサービス職の占める割合が高く、一方で金融、運輸、教育、製造、食品サービス業界の就労者も同程度の割合を占める。
しかしPwCではそうした業界内での仕事の性質の違いを理由に、雇用が脅かされるリスクは米国の方が大きいと分析した。
例えば金融サービス業の場合、ロボットに取って代わられるリスクが大きい職種の占める割合は、米国の61%に対して英国では32%にとどまる。
PwCの主席エコノミスト、ジョン・ホークスワース氏によると、米国の金融業界では地方の銀行の窓口係のような国内リテール業務を担当する従業員が多数を占める。これに対して英国では国際金融や投資銀行など、高い教育や専門性が求められる業務の比重が大きい。
米国の金融業界で多数を占めるルーティン業務は、英国の銀行の投資業務などに比べて自動化が容易だとホークスワース氏は指摘する。
ただし将来的に業務の内容が変化すれば、それに伴って職種も増えると同氏は予想。それでも高いスキルを持った人材が求められる公算は大きいとした。
http://www.cnn.co.jp/tech/35098769.html?tag=cbox;tech
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |