第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

多くの論文検索できず SNSで困惑の声 「CiNii」

北大路新年5c8905d64a934e5b8fbae8ec09565659

多くの論文検索できず SNSで困惑の声 「CiNii」,NHK報道です

最近はこうやって探しているのですね、CiNiiは探してみると面白いものが見つかる事も確かですが、CiNiiの仕組みを考えますと、それよりは第一に体系書を読み、指導教授の指導により提示された論文から樹系図のように視点を増やしたもので、大学書庫の奥に死蔵されている多数の論文集、他の大学の論集から学会誌の論文を丹念に集め、果ては海外大学の学会誌までを俯瞰した上で指導教授にお願いし、必要ならば他の大学の先生へも指導をお願いできるよう取り計らってもらい、論文を執筆したものです

↓以下NHK報道
多くの論文検索できず SNSで困惑の声 「CiNii」
4月5日 18時02分
国内の膨大な数の論文を検索・閲覧できるとして研究者などに広く使われてきた、「CiNii」(サイニー)と呼ばれるサービスで、新年度から多くの論文を検索できなくなったとして、ソーシャルメディアでは、「卒論のテーマが決まらない」など、困惑した投稿が相次ぎ、運営する国の機関が公式にコメントを出すなど対応に追われました。
「CiNii」は、国立情報学研究所が運営する、およそ430万件の論文を検索・閲覧できるサービスです。

国立情報学研究所によりますと、国の方針に沿って国内の学会や研究機関が、論文の電子ファイルをCiNiiから別のサービスなどに移行する手続きを進めていましたが、年度末までに間に合わなかった論文が検索できなくなっているということです。

ツイッターなどでは、「CiNiiが廃止になった」という誤った情報も多く投稿されたため、国立情報学研究所では、「サービスは今後も継続する」と説明したうえで、「技術面でのサポートなどを行って、早期の移行に協力したい」としていますが、ツイッターなどでは、「早くまた検索できるように戻って」といった「切実な」要望が寄せられていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010938181000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |