第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ロシア地下鉄テロ 7人拘束し事件解明急ぐ

DKIMG_9399_201704062331024bd.jpg

ロシア地下鉄テロ 7人拘束し事件解明急ぐ、NHK報道です

ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で3日起きたテロ事件、犠牲者は14名に上りました。現在ロシアの法執行当局は7名の容疑者を拘束していますが、併せて旧ソ連諸国の法執行当局間との情報収集を密にし、全容解明を急いでいます。現在は自爆した容疑者と拘束されている7名の容疑者との関係は明らかではありませんが、ロシア治安当局の発表として、自爆した容疑者と拘束されている7名は過激派沿示威ISILとの接点があるとのことです

↓以下NHK報道
ロシア地下鉄テロ 7人拘束し事件解明急ぐ
4月6日 5時41分
ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で起きたテロ事件を受けてロシアの捜査当局は、過激派組織IS=イスラミックステートをはじめテロ組織のメンバーと疑われる男7人を拘束するなど、自爆テロの容疑者とISとの関係を含めて、事件の解明を急いでいます。
ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で3日起きたテロ事件では、14人が死亡、およそ50人がけがをし、ロシアの捜査当局は、中央アジアのキルギス出身のアクバルジョン・ジャリロフ容疑者(22)が車内で自爆テロを起こしたと断定しました。

捜査当局は、ジャリロフ容疑者と過激派組織ISとの関係を含めて調べていて、5日、サンクトペテルブルク市内でISなどのテロ組織のメンバーと疑われる中央アジア出身の男7人を拘束したことを明らかにしました。

ジャリロフ容疑者と、拘束された7人の男との直接の接点はこれまでのところ確認されていないということですが、当局は捜査の範囲を広げ、事件の解明を急いでいます。

ロシアでは、経済の低迷が続く中央アジア諸国から出稼ぎに来る若者が多く、狭い部屋で集団生活を強いられるなど厳しい生活環境の中で、イスラム過激派の影響を受けるケースも少なくないと専門家が指摘しています。

プーチン大統領は5日、中央アジアなど旧ソビエト諸国の治安機関の代表と会談し、テロ対策での連携の重要性を改めて強調しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010938781000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E3%83%86%E3%83%AD

スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |