第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

シリア化学兵器使用を非難=年内に6640億円拠出-支援会合【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

DKHNIMG_6281_20170406233620690.jpg

シリア化学兵器使用を非難=年内に6640億円拠出-支援会合、AFP報道です

シリア北西部イドリブ県にて航空機から化学兵器を充てんした爆弾が投下され、多数の犠牲者が出ている事案、サリンが用いられた可能性が濃厚となっています。シリアは化学兵器をすべて廃棄しており、その後にサリンが使用されたことは第三国からサリンが供給されたか、完全に廃棄していなかったことを意味します、アメリカ政府はシリア内戦の早期停戦へ、アサド政権存続の可能性を示唆していますが、化学兵器を保有し実戦で使用した事は、この施策を一転させかねません

↓以下AFP報道
シリア化学兵器使用を非難=年内に6640億円拠出-支援会合
2017年04月06日 07:23
【4月6日 時事通信社】長引く内戦に苦しむシリアへの支援問題を協議する国際会合が5日、ブリュッセルで開かれ、シリア北西部イドリブ県で化学兵器が使用されたとみられる攻撃を非難する宣言を採択して閉幕した。参加各国・団体はシリア支援のため、今年中に計60億ドル(約6640億円)を拠出する方針を示した。

 会合は欧州連合(EU)や国連などが共催し、約70カ国・団体の代表が出席した。宣言は、シリア内戦は甚大な規模で破壊や人的被害をもたらしていると懸念を表明。特に化学兵器の使用に対し、「(実行者が)誰であろうとどこであろうと即座に停止しなければならない」と警告した。

 EUのスティリアニデス欧州委員(人道援助・危機管理担当)は閉幕に当たり、「今回の会合結果はシリアの人々の期待を裏切らないとの強いメッセージを送っている」と述べ、国際社会が今後もシリア支援に取り組む必要性を訴えた。

 参加国・団体ではEUが今年中に13億ドルの拠出を表明。日本も2億6000万ドル(約290億円)の支援を約束した。(c)時事通信社
http://www.afpbb.com/articles/-/3124088
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |