第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

米ミサイル攻撃、シリア可動機の2割破壊 化学兵器あえて狙わず【Weblog北大路機関補足:2017-04-11日付】

北大路新年0ccbc052f740d8e504d78c2cd50c019d

米ミサイル攻撃、シリア可動機の2割破壊 化学兵器あえて狙わず,AFP報道です

アメリカのトランプ大統領は即座の決断を行います。シリア時間7日0440時、日本時間1040時、アメリカ海軍は東地中海を遊弋するミサイル駆逐艦ポーター、ミサイル駆逐艦ロスよりトマホーク巡航ミサイルを発射、トマホークミサイル59発によりシリアのシャイラート飛行場を攻撃、格納庫及び飛行機、武器庫や防空システムとレーダーを破壊しました。

アメリカ国防総省の戦果確認によれば、シリア空軍作戦航空機20機を破壊し、これは可動航空機の二割に達するとの認識です。シリア政府は攻撃された基地の滑走路機能は維持できているとしてアメリカの攻撃失敗を強調しましたが、アメリカ国防総省は滑走路があっても飛ばす航空機や支援設備の無い滑走路は単なる平地に過ぎないとしています。一方、化学兵器備蓄施設については、その破壊により化学剤が飛散する危険性からその攻撃を慎重に避けたとのことです。

↓以下AFP報道
米ミサイル攻撃、シリア可動機の2割破壊 化学兵器あえて狙わず
2017年04月11日 06:41 発信地:ワシントンD.C./米国
【4月11日 AFP】ジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官は10日、化学兵器使用への対抗措置として米国が行ったシリア空軍基地に対するミサイル攻撃で、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権軍が保有する可動機の5分の1を破壊したと発表した。

 マティス長官は声明で、「国防総省の推定によると、今回の攻撃は燃料・弾薬庫と防空能力、および可動機の20%の損壊または破壊につながった」と発表。

 さらに、「シリア政府はシャイラト(Shayrat)空軍基地における航空機の燃料補給や兵器補充能力を失っており、現時点で滑走路の使用は軍事上無益だ」と補足した。

 米中央軍報道官のジョン・J・トーマス(John J. Thomas)大佐は先に、シリア中部ホムス(Homs)に近いシャイラト空軍基地への攻撃により、シリア軍戦闘機20機以上を破壊したと述べていた。

 またトーマス大佐によると、同基地には化学兵器がさらに備蓄されている可能性が高いが、有毒ガスが広がるのを避けるためにミサイル攻撃の標的からは意図的に外されたという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3124670?cx_part=topstory
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |