第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

アサド政権退陣でシリアは大混乱に=元英大使【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

ANCDSCF0397.jpg

アサド政権退陣でシリアは大混乱に=元英大使、BBC報道です

英国の元駐シリア大使、ピーターフォード氏が、アサド政権が退陣すれば石リアは大混乱になる、と分析しました。アサド政権退陣を求めるアメリカに対し、確かにきゅうにアサド政権が退陣すれば、続く新政権をどのように選出するかに関する大混乱は、シリア内戦出口戦略に関する最大の問題と云わざるを得ません、国連主導の暫定統治機構を派遣するにはシリア内戦は安定化していませんし、有志連合を派遣しようにもロシアイラン勢力とアメリカ中東勢力とで対立が生じますし、内戦地域へ地上部隊を派遣するにはリスクが大きすぎます

↓以下BBC報道
アサド政権退陣でシリアは大混乱に=元英大使
2017年04月13日
こちらは外部リンクで新しいウィンドウを開きます Share this with Facebook Share this with Twitter Share this with Messenger Share this with Email 共有する
6年以上続くシリア内戦は、多くの犠牲者を出しながらも終息の兆しはない。
BBC番組「ニュースナイト」に出演した英国の元駐シリア大使、ピーター・フォード氏は、穏健派勢力が政権の受け皿になっていない現状のままアサド政権を退陣させれば、シリアは大混乱に陥り、「大規模な流血につながる」と主張する。
一方、専門家のレザ・アフシャー氏は、アサド政権は軍事的に勝てると考えているからこそ、真剣に交渉に臨んでこなかったと指摘し、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS/ISIS)の掃討や難民問題の対処につなげるためにも、シリアでは政治的な戦略と軍事的な戦略の両方が必要だと指摘している。
http://www.bbc.com/japanese/video-39562650
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |