第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

PKO撤収、緊張感持ち対応=稲田防衛相【Weblog北大路機関補足:2017-04-18日付】

ANYWG4A7584_2017041905322941f.jpg

PKO撤収、緊張感持ち対応=稲田防衛相,時事通信報道です

任務完了による南スーダンPKO撤収が閣議決定された一件は既報にてお伝えしていますが、このほど部隊の撤収が開始されました。自衛隊の南スーダンPKO部隊撤収が開始されました。青森第9師団の要員を中心に編成された自衛隊南スーダン派遣施設隊350名は第一陣が19日までに青森空港へ帰国する見通し、来月末までに派遣施設隊の全員が帰国を完了します。自衛隊はこれまでの南スーダンでの支援任務の成果を生かし、UNMISS司令部業務への要員派遣は継続するとのこと

↓以下時事通信報道
PKO撤収、緊張感持ち対応=稲田防衛相
時事通信 4/18(火) 10:53配信

 稲田朋美防衛相は18日の閣議後の記者会見で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊の撤収作業開始に関し、「隊員全員が帰国するまで引き続き緊張感を持って、撤収作業の進捗(しんちょく)を確認していきたい」と述べた。

 第1陣の約70人が19日に青森空港に到着する。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000035-jij-pol
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |