第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

世界最古の現役空母「ビラート」退役へ、インド【Weblog北大路機関補足:2017-04-04日付】

ANCWG4A8566.jpg

世界最古の現役空母「ビラート」退役へ、インド、AFP報道です

インド海軍空母ヴィラート、旧イギリス海軍空母ハーミーズが遂に除籍されました。イギリス海軍セントー級航空母艦4番艦として1959年に就役した本艦は、竣工はなんとは第二次世界大戦中の1944年で当時はエレファントとして起工、しかし第二次世界大戦の終戦により建造が中止され、戦後建造が再開されました。正規空母としては現在イギリスが最後に竣工させた航空母艦で、1981年には垂直離着陸が可能なハリアー攻撃機の運用改修を完了、フォークランド紛争にて活躍した後、インヴィンシブル級軽空母竣工に伴いインド海軍へ売却されました

↓以下AFP報道
世界最古の現役空母「ビラート」退役へ、インド
2017年03月05日 13:01 発信地:インド
アラビア海を航行するインドの空母「ビラート」。インド海軍提供(撮影日不明、2017年3月4日公開)。(c)AFP/INDIAN NAVY
【3月5日 AFP】最も古い現役の航空母艦としてギネス世界記録(Guinness World Record)に認定されているインドの空母「ビラート(INS Virat)」が6日に退役を迎える。ビラートのインド海軍での就役期間は約30年。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3120182?cx_part=ycd
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |