第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EOS-M3運用評価:映像センサー第一を捨て過度な画素主義に陥っていないか?

nIMG_4749_20170420004643419.jpg

EOS-M3ですが、EOS-7Dと比較しても一枚当たりのJPEGデータが重い点が気になります、ピンぼけ写真がPCのHDDを占領する事となる

nIMG_1908.jpg

もともとCANONは画素数は1000万あれば充分として過度な画素競争を回避してきたはずです

IRMRWG4A8157.jpg

映像センサーにより描写力を最大限発揮するという視点から、単純に画素数には頼りませんでした、Powershotシリーズ等はその極致でしたね

IRVIMG_8979_20170420004646c55.jpg

画素数は画像には影響しますが、全てではありません、しかし、画素数を高めればその分画像データは重くなる

IRIMG_6686.jpg

CANONが発売するフォトストレージは1TB容量でしかありません、すると重くなる画素数よりも映像センサーの性能が求められるはずです

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |