第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・投資家が米テスラに経営体制の見直し要請

ANCIMG_0031.jpg

投資家が米テスラに経営体制の見直し要請,ロイター報道です

時価総額でアメリカ最大の自動車メーカーとなったテスラモーターですが、経営陣と経営体質がベンチャー時代と変化がないとして、投資家から外部取締役を経営陣へ加えるよう要求がありました。これは時価総額の規模に対して企業そのものの経営体制が不充分ではないとしまして投資家グループ連名で出されたものですが、テスラモーター社は拒否する姿勢です

↓以下ロイター報道
Technology | 2017年 04月 13日 10:25 JST 関連トピックス: トップニュース
投資家が米テスラに経営体制の見直し要請

[サンフランシスコ/デトロイト 12日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ(TSLA.O)の株主が、同社経営陣に独立取締役2人を加えるよう求めていることが12日、分かった。10日付の書簡で要請した。

書簡は、カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)など5投資家グループの連名で、企業というものは、上場したなら戦略の変化に沿って企業統治の構造や実行も進化していくものだとする一方、テスラの7人のメンバーからなる取締役会には上場前と比べておおむね変化が見られないと指摘した。

これに対し、マスク最高経営責任者(CEO)は12日、ツイッター上で「こういう投資家たちは(大手自動車メーカーの)フォードの株を買うべきだ。彼らの企業統治はすばらしいぞ」と反発。

その後、独立取締役を増やすというマスク氏の以前の約束を実行していく考えも示したが「(そのことは)今回の投資家らとは何の関係もない」と強調した。

http://jp.reuters.com/article/tesra-management-idJPKBN17F05H
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |