第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

メキシコ議会、軍の警察活動合法化を審議 虐待の正当化懸念広がる

北大路新年8cd56cf666b4ec73986afcd30abe7580

メキシコ議会、軍の警察活動合法化を審議 虐待の正当化懸念広がる,AFP報道です

メキシコ麻薬戦争、警察では重機関銃やロケット砲と手製装甲車で攻撃を仕掛ける麻薬組織へなすすべがなく、一時は国連へPKO部隊派遣が要請されたほどでした。現在は陸軍が治安任務に当っていますが、法執行機関ではない陸軍には、戦闘能力は豊富にあるものの容疑者の選別や捜査手段が充分ではない為、不穏な行動をとった容疑者や夜間外出者等に対する過酷な制裁措置と家宅捜索が問題視されています

↓以下AFP報道
メキシコ議会、軍の警察活動合法化を審議 虐待の正当化懸念広がる
2017年04月17日 20:50 発信地:ヒウテペック/メキシコ

【4月17日 AFP】メキシコの若きエンジニア、ヘトロ・サンチェス(Jethro Sanchez)さんはある日の午後、町のイベントに参加してにぎやかなひとときを楽しんでいた。その数時間後、ヘトロさんは息絶えようとしていた──兵士らに酸で焼かれ、土中に生き埋めにされて。父親のエクトル(Hector Sanchez)さん(63)が明かした。
 政府は10年前、麻薬犯罪対策に軍を起用。しかしこの種の警察活動の訓練を受けていない兵士らの間で、罪のない容疑者への拷問が横行していると、批判の声が上がっている。
 議会は現在、軍の公安活動への投入を合法化する法案を審議しているが、この改革が結果的に虐待に走る兵士らの擁護につながるのではという懸念が広がっている。
 自動車部品のリサイクル業を営むエクトルさんは、息子の墓前に立ち、ヘトロさんは大学院の修士学生で、ある事業投資がうまく行き、祝賀会に参加していたのだと声を震わせた。軍が主張したような麻薬密売人などではなかった。「息子をあんな目に遭わせる理由なんてなかったのに」
■顔に酸
 2011年5月1日、当時26歳だったヘトロさんは、首都メキシコ市(Mexico City)の南に位置する町ヒウテペック(Jiutepec)で、出資していたサッカーチームの勝利を祝う地元のイベントに出席していた。
 そこで小競り合いが発生し、警察はヘトロさんの身柄を拘束。さらにヘトロさんを、麻薬密売人だとして軍に引き渡した。
 2か月後、ヘトロさんは東に150キロ離れたプエブラ(Puebla)で遺体となって発見された。
 息子を失った悲しみを胸に、6年に及ぶ法廷闘争に耐えてきたエクトルさんは、息子の死に関連して逮捕された兵士3人がついに裁判にかけられ、有罪判決が下されればと願っている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3125296?cx_tag=pc_sns&cx_position=7#cxrecs_s
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |