第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ミサイルに備え 政府が都道府県担当者に臨時説明会【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

ANCWG4A8574.jpg

ミサイルに備え 政府が都道府県担当者に臨時説明会、NHK報道です

内閣官房が示したのは、”屋外では頑丈な建物や地下街などに避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動すること”、と。例えばNBC兵器が弾頭に装填されていた場合の応急対処法や、全国のミサイル迎撃部隊分屯基地などの配置、特殊武器防護部隊の配置、また津波避難ビルに挙げられるような地下街や一定以上の強度を備えたミサイル防衛指定退避施設の設定、出来る事は多いと思うのですが、そこまで踏み込んでいません

↓以下NHK報道
ミサイルに備え 政府が都道府県担当者に臨時説明会
4月21日 15時07分
北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中、政府は、都道府県の担当者を対象にした臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際に住民がとるべき行動などについて周知するよう要請しました。
政府は、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中で、アメリカのトランプ政権が圧力を強めていることから、情勢がさらに緊迫する事態に備える必要があるとして、21日、都内で都道府県の危機管理の担当者を対象とした臨時の説明会を開きました。

この中で、内閣官房の担当者は、弾道ミサイルが落下した際の住民がとるべき行動として、屋外では頑丈な建物や地下街などに避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなどを説明しました。そして、こうした内容を内閣官房のウェブサイトに掲載していることなども紹介し、住民に周知するよう求めました。

また、総務省消防庁の担当者は、弾道ミサイルが日本に飛来するおそれがある場合には、Jアラート=全国瞬時警報システムを通じて直ちに情報を伝達するとしたうえで、弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力して早期に行うよう要請しました。

会議に出席した自治体の担当者は「政府と相談しながら訓練を行うなど、住民の安全・安心の確保に向けて万全を期していきたい」などと話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956691000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |