第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

弾道ミサイル落下時の 行動について【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

ANCWG4A8340.jpg

弾道ミサイル落下時の 行動について、首相官邸HP広報です

外出中はできる限り頑丈な建物や地下街などに避難する。周りに建物が無い場合は物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。自宅や職場か学校では窓から離れるか、 窓のない部屋に移動する。・・・、まあ、その通りなのですが、小学生に言い聞かせているのでゃないのだから、もう少し、スイス政府発行”民間防衛”のような詳しい内容を記載しないと、逆に不安を煽るような気がします

↓以下首相官邸HP
(例)直ちに避難。直ちに避難。屋内に避難してください。 ミサイルの一部が落下する可能性があります。 屋内に避難してください。 弾道ミサイル落下時の 行動について 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが 日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行 政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速 報メール等により緊急情報をお知らせします。 首相官邸 ホームページ Twitterアカウント 首相官邸災害・危機管理情報 @Kantei_Saigai www.kantei.go.jp/ ❶速やかな避難行動 ❷正確かつ迅速な情報収集 国民保護ポータルサイト 行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。 http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/ hogo_manual.html 武力攻撃やテロなどから身を守るために ミサイル落下時には、こちらから政府の対応状況をご覧になれます 事前に確認しておきましょう。 物陰に身を隠すか、 地面に伏せて頭部を守る。 窓から離れるか、 窓のない部屋に移動する。 屋外に いる場合 建物が ない場合 屋内に いる場合 落ち着いて、直ちに行動してください。 近くに ミサイル 落下! ●屋外にいる場合:口と鼻をハンカチで覆い、現場から 直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。 ●屋内にいる場合:換気扇を止め、窓を閉め、目張りをし て室内を密閉する。
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |