第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EUからの「移動の自由」破棄を選挙公約に、英首相が検討=報道【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

DAADSCF6651_201704250954259ec.jpg

EUからの「移動の自由」破棄を選挙公約に、英首相が検討=報道,ロイター報道です

イギリスのメイ首相は6月8日の総選挙に向けEU域内からのイギリスへの自由な人の移動にかんする協定の破棄、EUの単一市場へのイギリスの残留の破棄、欧州司法裁判所からの離脱、イギリス保守党の総選挙における政権公約として提示される見込みとして報じられました。欧州単一市場からの離脱の場合は、イギリスへ展開する多国籍企業への政府補填があるとの当初のメイ首相発言に続報がなく、欧州司法裁判所秩序からの離脱は人権に関する枠組みでの欧州からの孤立を意味します、今後どのように制度を再構築するのでしょうか

↓以下ロイター報道
World | 2017年 04月 20日 16:36 JST 関連トピックス: トップニュース
EUからの「移動の自由」破棄を選挙公約に、英首相が検討=報道

[ロンドン 20日 ロイター] - 英国のメイ首相は6月8日の総選挙に向け、英国への人の自由な移動を認めた欧州連合(EU)との取り決めの破棄を選挙公約(マニフェスト)に掲げる方針。英紙デーリー・メールが党関係者の話として伝えた。

また、EUの単一市場と欧州司法裁判所からの離脱も公約とするという。

http://jp.reuters.com/article/britain-election-may-manifesto-idJPKBN17M0PN
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |