第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮が大規模な砲撃訓練か 韓国メディア伝える【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

ANYWG4A7692_20170426232050bde.jpg

北朝鮮が大規模な砲撃訓練か 韓国メディア伝える、NHK報道です

北朝鮮軍が人民軍創設記念日に大規模な砲兵演習を実施しました、長距離砲など300門から400門が投入されたとのこと。長距離砲など300門から400門といいますと、自衛隊冷戦時代のフル編成の特科連隊五個から七個弱に相当する規模です。人民軍創設記念日に何らかの施策を行わなければ弱腰と誤解されることを考慮しつつ、しかし、核実験やミサイル実験は米軍により反撃を招く懸念がある為、元々人民軍が採用したソ連型戦闘教範での砲兵優位主義と併せ、大規模であるが周辺国を過度に刺激しない施策として選択したのでしょう

↓以下NHK報道
北朝鮮が大規模な砲撃訓練か 韓国メディア伝える
4月25日 14時05分
北朝鮮の朝鮮人民軍の創設から85年になる25日、北朝鮮東部で、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、大規模な砲撃訓練が行われていると、韓国メディアが伝えました。北朝鮮としては、アメリカと韓国の合同軍事演習への対抗姿勢を鮮明にし、圧力には屈しないという立場を強調する狙いがあると見られます。
韓国の通信社、連合ニュースは、韓国政府の消息筋の話として25日、北朝鮮東部のウォンサン(元山)付近で大規模な砲撃訓練が行われていると伝えました。
訓練は、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、長距離砲など300門から400門が投入されていて、「過去最大規模の砲撃訓練だ」としています。

25日は、朝鮮人民軍の創設から85年の節目にあたり、北朝鮮としては軍の最高司令官であるキム委員長の権威を一層高めるとともに、韓国で続けられている米韓合同軍事演習への対抗姿勢を鮮明にし、圧力には屈しないという立場を強調する狙いがあると見られます。

北朝鮮では去年3月にも、米韓合同軍事演習のさなかに韓国の首都ソウルにある大統領府や政府機関への攻撃を想定して、長距離砲などによる大規模な演習が行われました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170425/k10010960491000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |