第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

韓国で中国人観光客40%減、THAAD配備への対抗措置で【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

北大路新年ANYWG4A7564

韓国で中国人観光客40%減、THAAD配備への対抗措置で,AFP報道です

在韓米軍THAAD配備決定を受けての、THAADを受け入れた韓国への中国からの露骨な嫌がらせが大きな影響を及ぼしつつあります。韓国への中国からの海外旅行客が四割も減ったとの事で、このほか、韓国企業で中国に置いて事業を展開する各社へも、国内法拡大解釈や過度な厳格適用に基づく嫌がらせ、尖閣諸島問題に際する日本企業への嫌がらせほど露骨な破壊活動には至っていませんが、繰り広げられています

↓以下AFP報道
韓国で中国人観光客40%減、THAAD配備への対抗措置で
2017年04月25日 18:08 発信地:ソウル/韓国

【4月25日 AFP】韓国を訪れる中国人観光客の数が3月に40%も減少したことが、韓国観光公社(KTO)の統計で明らかになった。米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」が韓国に配備されたことを受け、中国政府が同月15日から韓国への団体旅行を禁止したことが理由。

 韓国を訪れる中国人観光客は、通常は全体の50%超に上り、昨年3月は60万人を超えたが、今年は36万人を少し上回る程度にとどまった。

 KTOによると、同月に韓国を訪れた観光客は全体で123万人と、前年比で11.2%減少した。

 ロッテ(Lotte)グループの広報担当者によると、韓国の免税店の売上高の70%は中国人観光客に依存しており、大きな打撃を受けているという。ロッテ免税店(Lotte Duty Free)は、今年上半期の損失額が推計10億ドル(約1100億円)に達すると伝えられている。

 米韓両政府はTHAAD配備について防衛目的としているが、中国政府は自国の核抑止力を無効化させる可能性があるとして激しく反発。経済報復ともとれる一連の対抗措置を実施している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3126343
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |