第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EOS-M3運用評価:撮影画像データ確認を”撮影画像確認時間なし”省略する事で動体撮影能力を補強

ABLIMG_0343.jpg

EOS-M3について。ミラーレスという機種故に一眼レフユーザーの転換で不具合と性能不足を感じやすいのですが今回は改善点をひとつ

AAIMG_2981.jpg

ミラーレス一眼では撮影画像確認時間、撮影した画像を表示している間は液晶部分が撮影画像のみとなってしまい、被写体を捕捉追尾できません、一眼レフでは液晶に確認画像が表示されたとしても光学ファインダーはシャッターが下りる一瞬以外被写体を捕捉追尾可能です

AAIMG_5141.jpg

そこで、撮影画像確認時間を省いてしまう、という選択肢があります。通常、二秒程度撮影画像確認時間が設定され、最長八秒まで選択できるのですが、二秒と云えばEOS-M3では9枚を撮影できる時間、撮影画像確認時間がなければ撮影した瞬間が見えませんが、画像を確認していて目の前の被写体を逃してしまっては元も子もありません

AAIMG_2427.jpg

EOS-M3は一眼レフではなくミラーレス一眼である為に様々な不具合の要員となっている事は前述のとおりですが、撮影画像を確認せずとも、少なくとも被写体の明暗度についてのプラス補正やマイナス補正はある程度確認できます、このため、光学情報をファインダーで読み取り撮影画像の明暗は画像を確認しなければならない一眼レフと比較した場合の利点の一つと云えましょう

AAIMG_0410.jpg

ただ、難点としては絞り値やシャッター速度を起因とする手振れや被写体ブレなどは撮影画像を確認しなければ分かりません、絞り値については試写を行い対応するとして、手振れと被写体ブレについては連写撮影を行う事で、多少は解消できるかもしれません、撮影画像確認時間の省略は問題点は多い機種ですが僅かながらストレスを低減してくれるかもしれません

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |