第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

アングル:日本で核シェルターの需要増、北朝鮮情勢の緊迫化で【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

ANCWG4A8485_20170427232754bcf.jpg

アングル:日本で核シェルターの需要増、北朝鮮情勢の緊迫化で,ロイター報道です

北朝鮮からの我が国への核攻撃を警戒し、核シェルターの建設問い合わせが、急増しているとの事。基本的に空気清浄器を有する地下室という構造ですが、兵庫県の核シェルターメーカーでは実際に例年では年間数件程度の工事以来が四月だけで十件近くに上っており、スイス製核シェルター用空気清浄器の緊急発注を行っているとの事でした、空気清浄器はシェルター部分を与圧出来るもので、しかも核電磁パルスにより発電機能及び稼働能力を喪失しない電磁防護規格が必要となります。ただ、実際に需要があるのは核電磁パルス防護型HDDの方ではないかとおもうのですよね、核爆発は距離の離隔が第一ですから

↓以下ロイター報道
World | 2017年 04月 27日 09:48 JST 関連トピックス: トップニュース
アングル:日本で核シェルターの需要増、北朝鮮情勢の緊迫化で

[東京 24日 ロイター] - 北朝鮮が国連制裁に対抗しミサイル実験を強行するなか、日本では核シェルターや放射性物質を排除する空気清浄機の売り上げが急増している。

核シェルターの設計・施行などを行う織部精機製作所(兵庫県神戸市)は、通常の年間注文数が6件程度であるのに対し、今年は4月だけで8件の注文があったという。核シェルターは通常、地下に建設される。

社員数約20人の同社はまた、放射性物質や有毒ガスを排除するとされるスイス製の空気清浄機50台を完売し、在庫を確保しようとしていると、同社取締役の織部信子氏は話す。

6人用の空気清浄機の価格は62万円で、13人用で通常は家族向けシェルターに取り付けられている大型の空気清浄機は170万円だという。

日本で有毒ガスを使用した攻撃への懸念が高まったのは、安倍晋三首相が今月国会で、北朝鮮が神経ガスのサリンをミサイル弾頭に付けて着弾させる能力を保有している可能性があると語ってからだ。

「シェルターというのは時間とコストがかかるが、今この緊迫した状況の中で、すぐにでもという話ばかりだ」と織部氏は言う。

また株式会社アースシフト(静岡県静岡市)では、同社の地下シェルターに関する問い合わせや見積もりが10倍に増加したと、営業課長の志賀明氏は語る。問い合わせは2月から徐々に増え始め、日本全国から来ているという。
http://jp.reuters.com/article/jp-nuclear-shelter-nk-idJPKBN17S05J
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |