第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

空母、北朝鮮攻撃圏内に=THAAD「数日」で運用可-米司令官【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

ANCIMG_0085.jpg

空母、北朝鮮攻撃圏内に=THAAD「数日」で運用可-米司令官,AFP報道です

在韓米軍へのTHAAD配備が本格化しました、レーダー部分などを韓国政府がTHAAD配備基地として提供する韓国南部星州のロッテグループゴルフ場へ搬入し、数日以内にTHAADミサイル部分の展開が完了し、韓国南部へのミサイル迎撃態勢が一段向上します。THAADミサイルはこの展開に先立ち、既に在韓米軍基地へ搬入されており、射撃陣地への展開準備にあたっていたとのことでした。

↓以下AFP報道
空母、北朝鮮攻撃圏内に=THAAD「数日」で運用可-米司令官
2017年04月27日 08:24 発信地:北朝鮮

時事通信
【4月27日 時事通信社】米太平洋軍のハリス司令官は26日、下院軍事委員会の公聴会で、米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」が、命令が下れば北朝鮮攻撃が可能になる海域に入ったと証言した。沖縄東方沖のフィリピン海を航行中で、北朝鮮まで航空機で2時間の距離という。

 また、巡航ミサイルを搭載可能な原子力潜水艦「ミシガン」が韓国の釜山に寄港し、戦略爆撃機のB1とB52も朝鮮半島周辺の上空を定期的に飛行していると説明。カール・ビンソンを中心とする空母打撃群を含め、信頼できる戦闘力を展開させることで「金正恩(朝鮮労働党委員長)の(軍事的暴走という)最悪の衝動を抑える効果を持つと信じる」と語った。

 北朝鮮による挑発行為を受け、在韓米軍への一部配備が始まった最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」について、司令官は「数日中に運用が可能になる」と述べた。韓国メディアなどによると、韓国南部・星州で26日、THAADのレーダーや発射台が、トレーラーで配備先のゴルフ場に搬入されている。(c)時事通信社
http://www.afpbb.com/articles/-/3126534
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |