第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

シリア首都の空港付近で大規模な爆発、イスラエルが攻撃か【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

北大路新年0ccbc052f740d8e504d78c2cd50c019d

シリア首都の空港付近で大規模な爆発、イスラエルが攻撃か、AFP報道です

シリアのダマスカスにて大規模な爆発がありましたが、イスラエル当局者は今回の攻撃が潜在的にイスラエルが関与した可能性を示唆しました。イスラエル軍はシリア領内からのイスラエル本土へのイスラム武装勢力ヒズボラによる攻撃を受けており、その都度武器貯蔵施設等に対し反撃を実施してきました、シリア国内の一部報道ではイスラエル空軍が航空攻撃を実施したとしています

↓以下AFP報道
シリア首都の空港付近で大規模な爆発、イスラエルが攻撃か
2017年04月27日 17:42 発信地:ベイルート/レバノン
【4月27日 AFP】シリアの首都ダマスカス(Damascus)の国際空港付近で27日午前、大規模な爆発が起き、火災が発生した。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が明らかにした。

 同監視団によれば、爆発は空港の外で発生したが、空爆によるものか、それとも地上からの攻撃によるものなのかは分からないという。

 過去にイスラエル軍は、シリア政府と同盟関係にある隣国レバノンのイスラム教シーア派(Shiite)原理主義組織ヒズボラ(Hezbollah)のものとされる、備蓄された武器を標的に、ダマスカス国際空港や首都周辺の基地に対する空爆を行ってきた。

 ヒズボラ系のテレビ局アルマナル(Al-Manar)は、「恐らく」爆発はイスラエル軍の空爆により発生したと報道。しかし被害は物的なものにとどまったという。

 一方で、イスラエルのイスラエル・カッツ(Yisrael Katz)情報活動相は、今回の大規模な爆発について同国の政策に沿うものだとしつつも、実際に攻撃を行ったか否かについては明言を避けた。

 カッツ情報活動相は軍のラジオに対し「精密兵器がイランによって、シリアからレバノンのヒズボラの手に渡るのを阻止すべく行動している」と述べた上で、「ヒズボラに武器を渡そうとする試みについての重大な情報があれば、われわれは行動する。今回の出来事はこの政策に完全に沿うものだ」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3126634?cx_part=txt_topstory
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |