第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮、米国との緊張めぐりASEANに支援求める

ANYWG4A7668_201704291612504f4.jpg

北朝鮮、米国との緊張めぐりASEANに支援求める、AFP報道です

北朝鮮、アメリカとの関係回復に向けて外交ルートの模索を開始しました。フィリピンマニラで行われるASEAN首脳会議に対し、北朝鮮はアメリカとの関係回復の調停を求めている議題の討議を依頼しているようで、ASEAN加盟国10か国の外相へ北朝鮮が書簡を送ったようです。巡航ミサイル原潜に空母打撃群、THAADミサイル迎撃システムにB-2ステルス爆撃機、圧力は北朝鮮を対話の道へ力づくで方針転換させつつあるもよう

↓以下AFP報道
北朝鮮、米国との緊張めぐりASEANに支援求める
2017年04月27日 22:33 発信地:マニラ/フィリピン

【4月27日 AFP】北朝鮮は、米国との間で緊張が高まっていることを受けて、「核による大量虐殺」が起こり得ると警鐘を鳴らし、それを防ぐために東南アジア諸国に対して支援を求めていることが、AFPが入手した北朝鮮外相の書簡で分かった。

 北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ、Ri Yong-Ho)外相は東南アジア諸国連合(ASEAN)の事務局長に宛てた書簡の中で、朝鮮半島(Korean Peninsula)における現在の状況は、米政府の行動が原因で「戦争の瀬戸際」にあると警告。また、米韓の合同軍事演習を長々と批判する一方で、ASEAN加盟国10か国の外相に朝鮮半島の「深刻な状況」について事務局長が通知し、同時に適切な提起を行うよう求めている。

 AFPが入手した北朝鮮の書簡のコピーには3月23日と記されていた。

 書簡はまた「周辺地域の平和と安定を重要視するASEANが、公平な立場から(ASEAN)首脳会議で米韓の合同軍事演習を争点とし、朝鮮半島の平和と安全を守るために積極的な役割を担うことを期待する」と述べている。

 李外相は書簡でさらに、米韓の合同軍事演習は北朝鮮の核兵器開発を正当化するものだとし「瞬時に朝鮮半島を核による大量虐殺に追い込むことができる核攻撃の手段を配備するということは、そうした演習の性質が防衛のためということではありえないのは誰の目にも明らかな事実だ」と述べている。

 ASEAN首脳会議は今週、フィリピンのマニラ(Manila)で開かれる予定となっており、朝鮮半島情勢についても議論が交わされる見込み。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3126654
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |