第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

米下院、対北朝鮮追加制裁案を来週にも採決の可能性=議会関係者【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

ANYUDSCF0424.jpg

米下院、対北朝鮮追加制裁案を来週にも採決の可能性=議会関係者,ロイター報道です

対北朝鮮追加制裁案がアメリカ議会下院で制定に向けて動き始めたようです。一方で北朝鮮がテロ支援国家であるかについては大きな疑問があります、北朝鮮は過去に外貨獲得へ国家関与での麻薬密売や外国要人殺害に関するテロ攻撃を実行してきましたが、テロを行う事はあってもテロ組織を支援している可能性は低く、特に近年世界的に警戒が続くイスラム過激主義テロ組織と社会主義体制に個人崇拝を重ねた北朝鮮型社会主義は相いれないものです

↓以下ロイター報道
World | 2017年 04月 28日 09:13 JST
米下院、対北朝鮮追加制裁案を来週にも採決の可能性=議会関係者
[ワシントン 27日 ロイター] - 米下院は、北朝鮮に対する制裁強化に関する法案を早ければ来週にも採決する可能性がある。北朝鮮と取引のある企業や海運業界をターゲットにする。議会関係者が27日に明らかにした。

下院外交委員会のエド・ロイス委員長によると、同委員会が3月に承認したこの法案は、北朝鮮の核開発に使われる資金を絶ち、人権侵害の根絶に向け圧力を強めることなどを目指す内容だ。

また、北朝鮮が「テロ支援国家」であるか判断するようトランプ政権に求めている。

ロイス委員長は、法案の審議は迅速に進むとの見方を示し、「特に金融機関や、『奴隷労働』とも言うべき状況をターゲットにしている。これは送り出された労働者が賃金を得る代わりに、労働の対価が北朝鮮政権の手に渡り、核開発に使われるケースだ」と説明した。

ロイス氏の広報担当者は、採決の具体的な日程についてコメントを控えた。

http://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-congress-sanctions-idJPKBN17U012
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |