第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮などけん制【Weblog北大路機関補足:2017-04-20日付】

ANCDSCF0371.jpg

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮などけん制、ロイター報道です

フランス海軍強襲揚陸艦ミストラルが佐世保へ入港しました。イギリス海兵隊のコマンドーが乗艦しており、来週金曜日まで佐世保基地に寄港した後、アメリカ海兵隊や陸上自衛隊との共同両用訓練を計画しているとのこと。この訓練には洋上訓練として海上自衛隊より輸送艦くにさき、が参加します。北朝鮮への軍事圧力を必ずしも意識したものではないようですが、英仏という欧州諸国も朝鮮半島情勢の安定化へ大きな関心を払っている事を端的に示すものともいえるでしょう

↓以下ロイター報道
World | 2017年 04月 29日 19:13 JST 関連トピックス: トップニュース
仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮などけん制
[佐世保市 29日 ロイター] - フランス海軍の艦艇が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港した。このあと日本、英国、米国の部隊を乗せ、4カ国で共同訓練をしながら米領グアムへ向かう。南シナ海や朝鮮半島問題でアジア太平洋地域の緊張が高まる中、日米だけでなく、欧州諸国もこの地域に強い関心があることを示し、4カ国で中国や北朝鮮をけん制する狙いがある。強襲揚陸艦「ミストラル」は2月末にフランスを出港。英軍の部隊約60人とヘリコプター2機が同乗し、ベトナムなどに寄港した後、29日朝に佐世保基地に到着した。折しも北朝鮮が弾道ミサイルを新たに発射し、東アジア情勢が緊迫化した数時間後の入港となった。東京から駆け付けたダナ仏駐日大使は、ミストラルのブリッジで記者団に対し、「佐世保の寄港初日に北朝鮮がミサイルを発射するとは思っていなかった。成功にせよ、失敗にせよ、許せない行為に変わりはない」と語った。その上で、「法律の順守、平和、地域の安定を重視するこの4カ国が連携することで、北朝鮮に対処する姿勢を見せることになる」と述べた。ミストラルは5月5日に佐世保を出港する。新たに日米の水陸両用部隊と、自衛隊のヘリコプター1機が乗り込む。海上自衛隊の輸送艦「くにさき」が途中まで同行し、日本周辺の海域で共同訓練を実施する。
さらにグアムに到着後、陸上に部隊を送り込む能力を持つミストラルを中心に、自衛隊の水陸両用部隊、米英の海兵隊、日英のヘリコプターが共同で上陸訓練を実施する。4カ国の共同訓練は初。総勢700人が参加する。
佐世保基地に上陸したドゥシャリジェール艦長は、同市の子供たちが出迎える中、「ともに手を携えて訓練を実施することで、相互の(部隊の)運用性を高めることを信じている」と語った。訓練は表向き特定の対象国を念頭に置いたものではないが、4カ国とも、岩礁を埋め立てるなどする中国と、国連安保理決議を無視して核とミサイルを開発を進める北朝鮮を警戒している。自衛隊関係者は「航行の自由や、法の支配という理念を共有した国々が一緒に訓練をすることに意味がある」と言う。「船の訓練だけでなく、着上陸というのは中国への強いメッセージになる」と話す。
http://jp.reuters.com/article/france-drill-idJPKBN17V04C
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |