第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

安倍首相 憲法改正し20年施行の意向表明 各党の反応【Weblog北大路機関補足:2017-05-03日付】

北大路新年5864abc34c1d4ef529ddfd0763b9e392

安倍首相 憲法改正し20年施行の意向表明 各党の反応、NHK報道です

憲法制定権力、日本国憲法を必要とされる安全保障上の自衛権と防衛力にかんする改訂を行うとともに、外国人人権、環境権、プライバシー権、嫡出非嫡出子権利、全てを転換させる改憲は、日本国憲法が大日本帝国憲法からの改正以来の大きな転換となるものであるわけですので、憲法制定権力をどのように考えるのかの部分の議論も尽くされていません。

 政権与党だけでの改訂作業に全面的に依存することができるのか、憲法制定国民会議を構築し意見集約を行うことを省くことは逆に現実的であるのか、命題は尽きません。原点に回帰すれば、国民投票法が施行される前夜、憲法が国民投票での改憲を念頭としながら、法整備が放置され、改憲をどの程度現実的問題として挙げていたのかも論点となりました。

↓以下NHK報道
安倍首相 憲法改正し20年施行の意向表明 各党の反応
5月3日 18時28分
安倍総理大臣は、東京都内で開かれた憲法改正を目指す市民らの会合に寄せたビデオメッセージの中で、憲法を改正し2020年の施行を目指す意向を表明しました。また具体的な改正項目として、戦争の放棄などを定めた憲法9条に、自衛隊に関する条文を追加するほか、高等教育の無償化などを例示しました。この発言を受けた、各党の反応です。
自民 古屋選挙対策委員長
自民党の古屋選挙対策委員長は、都内で開かれた憲法改正を目指す会合に出席し、「憲法9条を改正し2020年に施行すると、安倍総理大臣は初めて明言した。自民党は改憲をするために生まれた政党であり、安倍総理大臣がここまではっきり言われた以上、国会の憲法審査会でも具体的な議論を進めて結果を出していくということに徹して頑張っていきたい」と述べました。
民進 蓮舫代表
民進党の蓮舫代表は、東京都内で記者団に対し「総理大臣が『憲法を変える。テーマはこれだ』と言うこと自体が、国民主権、立憲主義に反している。安倍総理大臣は口を開けば、言う改正条項が違う。一体誰のために、なんで憲法を改正するのかが、全く見えなくなってきたというのが、率直な思いだ。必要性があって、国民のためになるのであれば、立憲主義だと思うが、安倍総理大臣は立憲主義を踏みにじって、自分のレガシーのために改憲したいのではないのかと疑ってしまう」と述べました。
公明 山口代表
公明党の山口代表は、都内で街頭演説し、「きょうは憲法記念日なので、いろいろな政党のリーダーが考え方を打ち出していて、安倍総理大臣も自民党総裁として意欲的な提案をした。こうしたことが、これから国会の中で十分深く議論され、国民の理解を伴って、合意が作られていくことが望ましい」と述べました。
共産 志位委員長
共産党の志位委員長は、東京都内で記者団に対し、「憲法9条を改定して、自衛隊を書き込むとなると、単に自衛隊の存在を追認するにとどまらず、海外での武力行使が全く無制限になるという、大変重大な改悪となる。2020年と年限も含めて9条改定を表明したのは極めて重大で、絶対許さないという思いで戦いを強めたい。次の衆議院選挙でも争点になると思うし、安倍政権のもとでの憲法改悪に反対している野党4党は、一致してこの点を押し出して選挙を戦うことになる」と述べました。
維新 足立衆院議員
日本維新の会の足立康史衆議院議員は、都内で開かれた憲法改正を目指す会合に出席し、「憲法改正の機は熟していて、日本維新の会は自民党と同じように党の綱領に憲法改正を明記している。ようやくきょう、自民党総裁が一歩も二歩も五歩も十歩も前に踏み出したわけで、これが本来の自民党であり、ありがたいことだ」と述べました。
自由 森参院会長
自由党の森参議院会長は「憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調の4つの原則を踏みにじる、どんな憲法改正にも反対していく」と述べました。
社民 吉田党首
社民党の吉田党首は、東京都内で記者団に対し、「安倍総理大臣は、憲法の議論を促進させるために、意図してはっきりと言ったのではないか。次の衆議院選挙の大きな争点になったと思うので、安倍総理大臣はぜひ正面から訴えてもらいたいし、社民党を含め野党4党もしっかり受けて立ちたい。社民党は、今、憲法を変える必要はないと思っており、そのことを一貫して訴えたい」と述べました。
こころ 中山代表
日本のこころの中山代表は、都内でNHKの取材に対し「2020年に、日本として、本来あるべき憲法を持つことができれば、将来に向けて、大変安定した、よい国づくりができると思う。新しい憲法の作り方は、これからの議論だが、わが党の憲法草案も一助になればありがたい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170503/k10010970011000.html?utm_int=word_contents_list-items_004&word_result=%E6%86%B2%E6%B3%95
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |