第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

憲法改正の項目絞り込みの議論 いつ始まるのか見通し立たず【Weblog北大路機関補足:2017-05-03日付】

北大路新年ANYWG4A7646

憲法改正の項目絞り込みの議論 いつ始まるのか見通し立たず,NHK報道です

憲法制定権力については、視点は多いのですが、そもそも70年間も憲法を改正せず今日に至るのですから、憲法改正により実質的な新憲法を制定するためには、与党一党に任せるには課題が大きすぎるのではないでしょうか。憲法問題は様々ではありますが、個々人の意見は多種多様でありながら、意見集約を集団として地域や社会で行う機会はありません。

憲法は日本国家の将来を大きく転換し得るものです。その上で、21世紀は近代国家の構造と国際公序における個々人の位置づけが転換しつつある中であり、ここを逆説的ではありますが、例えば地方自治法などの視点から民会、直接民主主義を住民集会のような形で醸成し、新しい国家観のあり方を模索し、その上で国民の憲法観、というものを醸成する、参政権を駆使しての改憲、というものが、理想的ではあるのかな、と考える次第です。

↓以下NHK報道
憲法改正の項目絞り込みの議論 いつ始まるのか見通し立たず
5月3日 6時44分
3日は憲法記念日です。安倍総理大臣は、憲法の施行から70年となることし、憲法改正に向けて国会での議論を前進させたい考えですが、衆参いずれの憲法審査会も各党の意見の隔たりが大きく、改正項目の絞り込みの議論が、いつから始まるのか見通しは立たない状況です。
衆参両院は、憲法改正に前向きな勢力が改正の発議に必要な3分の2の議席を占めていて、安倍総理大臣は1日、憲法の施行から70年となることし、憲法改正に向けて国会での議論を前進させたいという考えを示しました。

こうした中、衆議院憲法審査会が去年11月、およそ1年5か月ぶりに議論を再開し、今の国会では大規模災害などに対応するための緊急事態条項を憲法に設けるべきかなどをテーマに、各党の意見表明や参考人質疑を行いました。

そのうえで、憲法改正を目指す自民党や日本維新の会は、今後できるだけ早く、改正項目の絞り込みに向けた具体的な議論に入りたい考えで、テーマとして、緊急事態条項の新設や、教育の無償化などを想定しています。

これに対し、民進党は党内に憲法改正に積極的な議員と慎重な議員の双方を抱えているのに加え、次の衆議院選挙での連携を協議している共産党などと、「立憲主義を脅かす憲法改悪の阻止」で一致していることから、自民党が主導する改正項目の絞り込みには慎重です。

さらに公明党は、憲法改正の議論は野党第1党の民進党の理解を得ながら進めることが不可欠だという立場で、自民党の中からも、今の国会で改正項目の絞り込みの議論を始めるのは難しいのではないかという見方が出ています。

一方、参議院憲法審査会は議論のテーマや進め方をめぐって、各党の折り合いがつかないため、今の国会では1度も開かれていません。

このように、衆参いずれの憲法審査会も各党の意見の隔たりが大きく、改正項目の絞り込みの議論が、いつから始まるのか見通しは立たない状況です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170503/k10010969271000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_002
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |