第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ロシアハッカー集団、仏マクロン陣営にサイバー攻撃か【Weblog北大路機関補足:2017-05-06日付】

ANCIMG_9938.jpg

ロシアハッカー集団、仏マクロン陣営にサイバー攻撃か,AFP報道です

欧州からの経済圧力と軍事圧力を受ける諸国には、フランスへの極右主義台頭を、現在の状況打開の重要要素とする可能性が高く、フェイクニュースやサイバー攻撃などの徴候や被害が既に指摘されています。こうした視点から、欧州の安定と現在の国際公序が維持されるか、という、外交課題が表面化する選挙となっています

↓以下AFP報道
ロシアハッカー集団、仏マクロン陣営にサイバー攻撃か
2017年04月26日 06:05 発信地:パリ/フランス
【4月25日 AFP】日本の情報セキュリティー大手トレンドマイクロ(Trend Micro)は25日、フランス大統領選挙の決選投票に進んだエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)候補の陣営が先月、ロシアのハッカー集団によるサイバー攻撃の標的となっていたとする報告書を発表した。
 同社によると、西側諸国で起きた複数の大規模サイバー攻撃への関与が指摘されているハッカー集団「ポーン・ストーム(Pawn Storm、別名APT28)」が、「フィッシング」と呼ばれる手口を用い、マクロン候補や同候補が率いる政治運動「前進(En Marche)」のメンバーの個人情報を盗み取ろうとした。
 同集団は、昨年夏の米民主党全国委員会(DNC)へのサイバー攻撃にも関与したとされる。このサイバー攻撃は、米大統領選挙に出馬していたヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)候補の選挙運動を妨害する目的があったとみられている。
 同集団は、ロシアの治安機関とのつながりが広く疑われている。またロシア政府はマクロン氏の対立候補であるマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)氏を強く支持しているとみられている。ルペン氏は先月、モスクワ(Moscow)を電撃訪問し、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領と会見した。
 マクロン陣営のデジタル運動担当責任者はAFPの取材に対し、昨年12月以降、フィッシングを含むあらゆる種類のサイバー攻撃を絶えず受けてきたと述べ、今回の報告で実行主体が示されたことを歓迎。同陣営は一連のサイバー攻撃を受け、セキュリティーを強化したという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3126389?cx_part=popin
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |