第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

英、テロ脅威レベルを最高に 軍の兵士が警察を支援【Weblog北大路機関補足:2017-05-23日付】

DFWIMG_4804_20170524081441a98.jpg

英、テロ脅威レベルを最高に 軍の兵士が警察を支援,AFP報道です

イギリスでのテロに対応し、メイ首相は今回の襲撃とつながりがある個人から成る、より大きな集団が存在する可能性を無視できないとして、国内警戒レベルを最大水準に移行し、国軍による治安出動を開始しました。これはテンパラー作戦との作戦名で平時に戦略警備に当たる警察部隊を支援する形で、戦略施設警備を国軍が対応し、その部分の警察力警備能力を街頭警備に振り分ける、という方式での治安出動です

↓以下AFP報道
英、テロ脅威レベルを最高に 軍の兵士が警察を支援
2017年05月24日 07:32 発信地:ロンドン/英国
英、テロ脅威レベルを最高に 軍の兵士が警察を支援
英マンチェスターで、コンサート会場で起きた爆破事件を受け半旗が掲げられる警察著の前を巡回する武装警察官(2017年5月23日撮影)。(c)AFP/Oli SCARFF
▶ メディア・報道関係・法人の方向け 写真購入のお問合せ
【5月24日 AFP】英中部マンチェスター(Manchester)のコンサート会場で22人が死亡した自爆攻撃が発生したことを受けて、テリーザ・メイ(Theresa May)首相は23日、テロ脅威レベルを5段階のうち最高の「危機的(critical)」に引き上げたと発表した。これは新たな襲撃が差し迫っていることを意味する水準で、武装警察を支援するため軍の兵士が展開する。

 メイ首相はロンドン(London)ダウニング街(Downing Street)の首相官邸から国民向けに演説し、「今回の襲撃とつながりがある個人から成る、より大きな集団が存在する可能性を無視できない」と指摘。「テンパラー作戦(Operation Temperer)」の下、通常であれば戦略的な要所の守備を担う武装警察に代わって軍部隊の要員が配置されると明らかにした。

 前回、英国のテロ脅威レベルが「危機的」に引き上げられたのは2007年6月で、グラスゴー空港(Glasgow Airport)に爆弾を積んだ車が突っ込もうとした事件を受けた措置だった。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3129343
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |