第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

英マンチェスター爆発、容疑者は22歳の男 リビア系英国人か【Weblog北大路機関補足:2017-05-23日付】

DFWIMG_0035.jpg

英マンチェスター爆発、容疑者は22歳の男 リビア系英国人か,AFP報道です

イギリスマンチェスター自爆テロ、犯人とされる自爆犯はリビア系英国人でした。地元警察では、容疑者が単独で動いていたのかネットワークの一部だったのかを明確にすることが引き続き優先事項だ、としており、この件に関してマンチェスター南部のウィアレイレンジでは事件に関連して23歳の男が逮捕されています。自爆犯のリビア系英国人はイギリス生まれ、両親がリビアのカダフィ政権迫害から逃れイギリスに避難しています

↓以下AFP報道
英マンチェスター爆発、容疑者は22歳の男 リビア系英国人か
2017年05月24日 04:15 発信地:マンチェスター/英国
【5月24日 AFP】英中部マンチェスター(Manchester)のコンサート会場で発生し、22人が犠牲となった爆発事件で、同国の警察は23日、実行犯の身元をサルマン・アベディ(Salman Abedi)容疑者(22)と発表した。ただし、正式な身元特定はされていないとして、それ以上の情報は公表していない。

 大マンチェスター警察(Greater Manchester Police)のイアン・ホプキンス(Ian Hopkins)署長は「容疑者が単独で動いていたのか、ネットワークの一部だったのかを明確にすることが、引き続き優先事項だ」と述べた。

 英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)によると、アベディ容疑者は、リビアの独裁者ムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の政権から逃れて来た同国人の両親の下、マンチェスターに生まれた。

 一家はマンチェスター南部のファローフィールド(Fallowfield)に10年以上住んでおり、警察は23日にこの地域で家宅捜索を実施。家に踏み込むために制御爆破を行った。

 さらに同日には同じくマンチェスター南部のウィアレイレンジ(Whalley Range)で家宅捜索が行われ、事件に関連して23歳の男が逮捕されている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3129336?cx_part=txt_topstory
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |