第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

米海軍、西太平洋に空母3隻目=北朝鮮にらみ、ニミッツ出港へ【Weblog北大路機関補足:2017-05-22日付】

DKIMG_6809_2017052823091758d.jpg

米海軍、西太平洋に空母3隻目=北朝鮮にらみ、ニミッツ出港へ,AFP報道です

カールビンソン、ロナルドレーガン、そして今回新たにニミッツ、西太平洋へアメリカ海軍空母が三隻同時に展開する事は極めて異例ですが、この三隻は同時に北朝鮮絵の軍事圧力の強化へ展開しています。ただ、ニミッツは出港する段階、カールビンソンは長期に渡り遊弋しており、ロナルドレーガンにより交替する見通しとなっており、三席同時展開は一時的なものとなりそうです。ただ、フォトミッションとして日本海にて三隻の空母と共に、場合によっては日韓艦艇と行動する様子を誇示する可能性はあるでしょう

↓以下AFP報道
米海軍、西太平洋に空母3隻目=北朝鮮にらみ、ニミッツ出港へ
2017年05月27日 20:34 発信地:アジア・オセアニア

【5月27日 時事通信社】米海軍は26日、原子力空母「ニミッツ」を西太平洋に派遣することを明らかにした。6月1日に西部ワシントン州の海軍基地を出港する予定。西太平洋では空母「カール・ビンソン」に加え、「ロナルド・レーガン」も展開している。3隻目の空母派遣で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮へのけん制を強める狙いがあるとみられる。

 米CNNテレビによると、16日に米海軍横須賀基地を出港したロナルド・レーガンは朝鮮半島沖に向かい、カール・ビンソンと合同演習を実施する見通し。米地元紙によれば、ニミッツは6カ月間、派遣される。ただ、カール・ビンソンはロナルド・レーガンと交代する予定で、3隻が同時に西太平洋に展開するかどうかは不明だ。(c)時事通信社

http://www.afpbb.com/articles/-/3129833
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |