第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

トランプ大統領の娘婿 ロシアに秘密の連絡ルート提案か【Weblog北大路機関補足:2017-05-23日付】

DAPsDSCF3115 - 2

トランプ大統領の娘婿 ロシアに秘密の連絡ルート提案か、NHK報道です

トランプ政権のクシュナー上級顧問によるロシアへの情報提供疑惑、政権を左右する音大となる可能性が出てきました。大きな問題は、トランプ政権のクシュナー上級顧問によるロシアへの情報提供疑惑はその一つであり、イスラエル情報のロシア漏洩やイギリス捜査情報のメディア漏洩など、ここのところ政権を揺るがしかねない事案が多数同時並行して進展している事です

↓以下NHK報道
トランプ大統領の娘婿 ロシアに秘密の連絡ルート提案か
5月27日 13時59分
去年のアメリカの大統領選挙をめぐるトランプ陣営とロシアの関係についての捜査に注目が集まる中、一部の有力メディアは、トランプ大統領の娘婿のクシュナー氏が、政権発足前の去年12月、秘密の連絡ルートの設置をロシア側に提案していたと報じました。
アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」や「ニューヨーク・タイムズ」は26日、政府の当局者などの話として、現在ホワイトハウスの大統領上級顧問を務めるクシュナー氏が、トランプ政権発足前の去年12月、政権移行チームとロシアの間に秘密の連絡ルートの設置を、ロシアの駐米大使に提案していたと伝えました。
ロシア側に、アメリカ国内にあるロシア大使館が保有する施設を使う方法を持ちかけたということです。

連絡ルートは、ロシアとの関係をめぐって辞任に追い込まれたフリン前大統領補佐官が、ロシア軍の高官とシリア情勢などを協議するためでしたが、結果として設置されることはなかったということです。

クシュナー上級顧問はトランプ大統領の娘、イバンカさんの夫で、大統領の信頼が厚く、政権の政策に幅広く関わっていますが、アメリカの主要メディアは、FBI=連邦捜査局がクシュナー上級顧問とロシア側とのやり取りを調べていると前日に報じたばかりで、今回、ロシア側に秘密の連絡ルートの設置を提案したことが伝えられたことで、トランプ陣営とロシアとの関係をめぐる捜査への注目がさらに高まりそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170527/k10010996881000.html?utm_int=word_contents_list-items_009&word_result=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |