第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮 新しい弾道ミサイル発射実験に成功と発表【Weblog北大路機関補足:2017-05-30日付】

ANCDSCF0369_20170530235532cca.jpg

北朝鮮 新しい弾道ミサイル発射実験に成功と発表,NHK報道です

北朝鮮、いろいろ開発していますが総合的に視れば技術的に大した事はない。北朝鮮はアメリカ空母をミサイルの映像中継により発見できるとしていますが、それならば日本海を遊弋するカールビンソンの空撮画像でも添付してくれればよいものをそれはありません。日曜日には新型対空ミサイルを誇示しましたが、無煙ロケットモーターを採用せず白煙を棚引かせ飛行、技術的限界を示しています

↓以下NHK報道
北朝鮮 新しい弾道ミサイル発射実験に成功と発表
5月30日 7時29分
北朝鮮は30日朝、国営メディアを通じて、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、精密誘導システムを導入した新しい弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表しました。29日、北朝鮮東部のウォンサン(元山)付近から発射され、日本の排他的経済水域の中の日本海に落下したと推定される弾道ミサイルを指していると見られます。
これは、北朝鮮の国営メディアが日本時間の30日午前6時半すぎに伝えたもので、それによりますと、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、弾道ミサイルの発射実験に成功したということです。

発射したのは精密誘導システムを導入した新しい弾道ミサイルで、「キム委員長は、これまでより発射前の準備工程が高度に自動化され、発射時間をはるかに短縮できるシステムが完成したことで、敵を迅速に制圧、けん制できるようになったことに満足の意を示した」と伝えています。また、「ミサイルは予定された目標に7メートルの差で正確に命中した」としています。

北朝鮮は29日、東部のウォンサン付近から弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射し、日本政府によりますと、ミサイルは島根県隠岐諸島からおよそ300キロの日本の排他的経済水域の中の日本海に落下したと推定されており、今回の発表はこの発射を指していると見られます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170530/k10010999791000.html?utm_int=word_contents_list-items_006&word_result=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%20%E5%BC%BE%E9%81%93%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |